メインメニューを開く

西郷村 (長崎県)

日本の長崎県南高来郡にあった村

西郷村(さいごうむら)は、長崎県島原半島にあった村。南高来郡に属した。1956年(昭和31年)に北西隣[1]大正村と合併し、瑞穂村となった。

さいごうむら
西郷村
廃止日 1956年9月25日
廃止理由 新設合併
大正村西郷村瑞穂村
現在の自治体 雲仙市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
南高来郡
総人口 4,887
国勢調査、1955年)
隣接自治体 南高来郡千々石町吾妻村大正村神代村
西郷村役場
所在地 長崎県南高来郡西郷村甲1111番地
 表示 ウィキプロジェクト

現在の雲仙市瑞穂町の東部、西郷地区にあたる。

地理編集

島原半島の北部に位置する。

  • 山:吾妻岳、大峯
  • 河川:西郷川、伊古牟田川、杉峰川、竹下川
  • 港湾:西郷港

沿革編集

中世の西郷村は大河西郷(おおかわさいごう)と称され、後に大河の文字が取れ単に西郷と呼ばれるようになったとされる[2]。また、後に西郷村と合併する事となる伊古村については、江戸時代は島原藩領と佐賀藩領との相給で、佐賀藩領分を「上伊古村[3]」、島原藩領分を「下伊古村[4]」と称した[5]。上伊古村と下伊古村は明治初期に統合され、伊古村となった。

地名編集

を行政区域とする。西郷村は1889年の町村制施行時に2村が合併し発足した自治体であるが、大字(西郷・伊古)は設置していない。

但し大正時代の長崎県公報によれば、名の名称に大字を冠した記載が見られる[6]

なお、西郷村では名の名称を十干に置き換えて表記する。

大字西郷
  • 甲 / 栗林名
  • 乙 / 馬場名
  • 丙 / 小賀口名[7]
  • 丁 / 木場名
  • 戊 / 杉峰名
  • 己 / 古江名(ふるえ)
  • 庚 / 船津名
大字伊古
  • 辛 / 伊古名[8]

交通編集

鉄道編集

島原鉄道

(大正村) - 西郷駅 - (神代村)

名所・旧跡編集

  • 杉峰城跡
  • 尻無城跡

西郷村出身の著名人編集

  • 原口要(鉄道技術者、都市計画技術者)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 市町村変遷パラパラ地図 完全版 長崎県 1956年9月20日
  2. ^ 角川日本地名大辞典42 長崎県「西郷」
  3. ^ 地内では「佐賀伊古」とも呼称。
  4. ^ 地内では「島原伊古」とも呼称。
  5. ^ 角川日本地名大辞典42 長崎県「伊古」
  6. ^ ※参考:長崎縣告示第六百五十號『森林開墾制限(南高来郡西郷村)〔2〕』長崎県公報 大正4年9月10日付
  7. ^ 「古賀口名」とも表記される。
  8. ^ 『角川日本地名大辞典』のうち「伊古村」の頁では、明治初期の伊古村域に存在した名として江端・馬場・前田の3名が記載されている。しかし『長崎県南高来郡町村要覧』のうち「西郷村」の頁ではこれらの名が見えず、代わりに伊古名が記載されている事から、1889年の合併までに統合されたものとみられる。

参考文献編集

関連項目編集