メインメニューを開く

西関 隆夫(にしぜき たかお、1947年 - )は、日本情報科学学者関西学院大学理工学部元教授。東北大学名誉教授

西関 隆夫
生誕 1947年????
研究分野 情報科学
研究機関 関西学院大学東北大学カーネギーメロン大学
出身校 東北大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1947年に福島県須賀川市に生まれる。1969年、東北大学工学部通信工学科卒業。1974年、同大学大学院工学研究科電気及通信工学専攻修了、工学博士。 同年4月、東北大学工学部助手。1976年6月に助教授に昇任。1977年4月から1978年3月まで、カーネギーメロン大学数学科客員研究員。 1988年4月に、東北大学工学部通信工学科教授に昇任。2008年4月から2010年3月まで東北大学大学院情報科学研究科 研究科長。2010年4月東北大学名誉教授。2010年4月から2015年3月まで、関西学院大学理工学部情報科学科教授。2016年4月から2018年10月まで北陸先端科学技術大学院大学 監事(非常勤)。専門は、 離散アルゴリズム,グラフ理論,グラフ描画。Association for Computing Machinery (ACM) Fellow.[1]電子情報通信学会フェロー[2]。情報処理学会フェロー[3]。Bangladesh Academy of Science, Foreign Fellow[4]。IEEE Life Fellow[5]

主要論文編集

  • Takamizawa, K.; Nishizeki, T.; Saito, N. (1982), “Linear-time computability of combinatorial problems on series-parallel graphs”, Journal of the ACM 29 (3): 623–641, doi:10.1145/322326.322328, MR666771 .
  • Chiba, Norishige; Nishizeki, Takao (1985), “Arboricity and subgraph listing algorithms”, SIAM Journal on Computing 14 (1): 210–223, doi:10.1137/0214017, MR774940 .
  • M Ito, A Saito, T Nishizeki, Secret sharing scheme realizing general access structure, Electronics and Communications in Japan, Volume 72, Issue 9, pages 56–64, (1989). http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ecjc.4430720906/abstract
  • N Chiba, T Nishizeki, S Abe, T Ozawa, N Chiba, T Nishizeki, S Abe, T Ozawa, Journal of Computer and System Sciences, Volume 30, Issue 1, pages 54–76 (1985). http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0022000085900042

著書編集

  • T Nishizeki, N Chiba, Planar graphs: Theory and algorithms, Annals of Discrete Mathematics, monograph 32, ISBN 978-0486466712
  • Nishizeki, Takao; Rahman, Md. Saidur (2004), Planar Graph Drawing, Lecture Notes Series on Computing, 12, World Scientific, doi:10.1142/5648, ISBN 981-256-033-5, MR2112244 .
  • 斎藤 伸自、千葉 則茂、西関 隆夫 (著):離散数学 (電気・電子・情報工学基礎講座) 朝倉書店 (1989) ISBN 978-4254227338

脚注編集

外部リンク編集