メインメニューを開く

見形 和久(みかた かずひさ、1953年4月6日[1] - )は、日本の政治家栃木県塩谷郡塩谷町長(2期)。

見形 和久
みかた かずひさ
生年月日 (1953-04-06) 1953年4月6日(66歳)
出身校 東京農業大学卒業
前職 塩谷町職員
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2012年8月29日 - 現職
テンプレートを表示

経歴編集

東京農業大学を卒業後、塩谷町役場に就職[2]。以後、31年間町職員として勤務した[2]2008年平成20年)8月の塩谷町長選に町職員を退職して無所属で立候補するも、元県議の手塚功一に敗れ落選[3]

2012年(平成24年)8月の町長選に再度立候補し、現職の手塚を破り初当選した[4]。同年8月29日、町長に就任した[5]

2016年(平成28年)8月の町長選では、自民党の推薦を受けた前職の手塚を破り再選した[6]

政策・主張編集

  • 2014年(平成26年)7月30日福島第一原子力発電所事故に伴い栃木県内で発生した指定廃棄物の最終処分場の候補地に塩谷町上寺島(寺島入)の国有地が提示される[7]。環境省からの提示に対し見形は「明確に反対ということで話をした」とコメントした[7]。この問題に関して、見形は指定廃棄物を福島第一原子力発電所周辺に貯蔵すべきと主張している[8]
  • 町長選では無所属で当選しているが、自由民主党に入党している。しかし、上記の問題と関連して2015年(平成27年)12月下旬、自民党栃木県連は党員としての資格に欠けるとして見形が納めた党費を受理せず返却した[9]。県連は同年4月の県議会議員選挙や2014年の衆議院議員総選挙で自民党以外の党の候補者を支援した行為や、指定廃棄物に関する問題で国や県との対話に応じていない姿勢を理由に挙げている[9]

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.602
  2. ^ a b 塩谷町長選挙に見形氏出馬へ”. とちぎテレビ (2012年6月20日). 2015年12月30日閲覧。
  3. ^ 塩谷町長選 手塚氏激戦制す”. とちぎテレビ (2008年8月4日). 2015年12月30日閲覧。
  4. ^ 塩谷町長選 見形氏が現職破る”. とちぎテレビ (2012年8月6日). 2015年12月30日閲覧。
  5. ^ 市町長及び市町議会議員の任期満了日一覧(H29.12.31現在)
  6. ^ “塩谷町長選 見形氏激戦制し再選 手塚氏820票差及ばず”. 下野新聞: p. 5. (2016年8月8日) 
  7. ^ a b “塩谷町に国が提示 最終処分場候補地選定 町長「明確に反対」 環境相きょう首長会議で説明”. 下野新聞: p. 1. (2014年7月31日) 
  8. ^ “塩谷町長 福島第1周辺へ集約を 県内全首長理解求める”. 下野新聞: p. 1. (2014年11月6日) 
  9. ^ a b “塩谷町長の党費不受理 自民県連「党員資格欠く」”. 下野新聞: p. 3. (2015年12月30日) 

外部リンク編集

先代:
手塚功一
  栃木県塩谷町長
第9代:2012年 -
次代:
(現職)