規子内親王(きしないしんのう、天暦3年(949年) - 寛和2年5月15日986年6月24日))は村上天皇の第四皇女。母は斎宮女御徽子女王。名は「のりこ」とも読む[1]

天暦3年(949年)に生まれる。康保元年(964年)2月23日、内裏において著裳天禄3年(972年)8月18日「女四宮歌合」を主催した(判者は源順)。

天延3年(975年)2月27日伊勢斎宮に卜定され、貞元元年(976年)9月21日野宮に入り、貞元2年(977年)9月16日、母に伴われて伊勢に群行した。永観2年(984年)8月23日、円融天皇の譲位をうけて退下。寛和2年(986年)5月15日薨去。38歳。無品であった。

脚注編集

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク)

参考資料編集