メインメニューを開く

輔子内親王(ほしないしんのう、天暦7年(953年) - 正暦3年3月3日992年4月8日))は、平安時代中期の皇族伊勢斎宮村上天皇の第7皇女。母は中宮藤原安子(右大臣・藤原師輔の娘)。同母兄弟姉妹に冷泉天皇円融天皇為平親王承子内親王資子内親王選子内親王がいた。二品

康保2年(965年)8月27日、初笄を行う。安和元年(968年)7月1日、冷泉天皇の斎宮に16歳で卜定され、同年12月25日(969年)に右近衛府初斎院に定めて入ったが、翌安和2年(同969年)11月4日、冷泉天皇の譲位によりそのまま退下した。正暦3年(992年)3月3日、40歳で死去。