親衛隊階級

ウィキメディアの一覧記事

親衛隊階級では、ナチス・ドイツ親衛隊(SS)の隊員が使用していた階級及び階級章について記述する。

SS階級の由来編集

親衛隊の階級は親衛隊の母体である一般親衛隊の初期の部隊編成が由来である。もともと一般親衛隊は上位組織の突撃隊に倣って「親衛隊集団(SS-Gruppe)」、「親衛隊旅団(SS-Brigade)」、「親衛隊徒歩連隊(SS-Fuß-Standarte)」、「親衛隊大隊(SS-Sturmbann)」、「親衛隊中隊(SS-Sturm)」、「親衛隊小隊(SS-Schar)」、「親衛隊分隊(SS-Rotte)」という部隊編成をとっており、それぞれの司令官は「指導者(führer)」と呼ばれた。親衛隊集団なら「親衛隊集団指導者(SS-Gruppenführer、親衛隊中将)」となる。

これらがやがて部隊編成上の呼称ではなくなり階級とされたものが親衛隊の階級制度である。親衛隊集団と親衛隊旅団はそれぞれ親衛隊上級地区(SS-Oberabschnitt)と親衛隊地区(SS-Abschnitt)に置き換えられて部隊編成としては廃止されたが、親衛隊集団指導者(親衛隊中将)と親衛隊旅団指導者(親衛隊少将)は階級名として残った。

なお「親衛隊上級集団指導者(SS-Obergruppenführer、親衛隊大将)」の階級が生まれたのは1934年長いナイフの夜の後、ヒムラーの親衛隊全国指導者が突撃隊幕僚長と同格になった後である[1]

階級章編集

親衛隊の階級は襟章と肩章によって見分けられた。襟章の導入は1929年8月、肩章の導入は1933年5月である[2]

もともと親衛隊の肩章は下士官および兵卒、下級将校(尉官)、上級将校(佐官)、将官という大雑把な区別をする物で、デザインは突撃隊の肩章が原型で黒と銀色の配色からなった。(なお、一部の一般SS高官を除いて一般SS隊員では最後まで用いられていた)[3]。ところが1938年3月にはSS特務部隊(武装SS)においては陸軍型の肩章が導入され、肩章での階級が細分化されて示されるようになった[4]

1934年の長いナイフの夜事件の後に階級章にやや変更が加えられ、さらに1942年4月には親衛隊上級大将(SS-Oberstgruppenführer)の階級が追加されたので将官の襟章の階級章に大きな変化が生じた[5]

一般SSと武装SSの階級の違い編集

親衛隊二等兵と親衛隊一等兵と親衛隊少将以上の将官階級において一般SSと武装SSで違いがあった。また武装SSには一般SSには存在しない親衛隊特務曹長(SS-Sturmscharführer)の階級が存在した。

親衛隊二等兵は武装SSでは「SS-Schütze(SS狙撃手)」、一般SSでは「SS-Mann(SS隊員)」となる。親衛隊一等兵は両方ともそれに「ober(上級)」が付く。将官の階級は武装SSではドイツ国防軍陸軍と同じ階級を用いていた。武装SSの大将は「General der Waffen-SS」となり、これは武装SSが陸軍と連携する上での関係からである。なお、武装SSの将官は常に一般SSの将官も兼ねており[6]、武装SS大将の場合、階級は「親衛隊上級集団指導者および武装親衛隊大将(SS-Obergruppenführer und General der Waffen-SS)」となる。さらにナチス・ドイツにおいて、警察はSSとほぼ一体だったので警察の将官の階級は一般SSと武装SSと警察の3つの階級の肩書きをもっていることが多かった。例えば「親衛隊上級集団指導者ならびに武装親衛隊および警察大将(SS-Obergruppenführer und General der Waffen-SS und Polizei)」といった具合である。

階級一覧編集

1934年–1945年編集

区分 階級名 日本語訳 ドイツ軍の相当階級 襟章 肩章 袖章
SS全国指導者 Reichsführer-SS 全国指導者 元帥    
1934–1942 1942-1945 武装SS肩章 1938-1945
一般SS将官階級名
下段は武装SS将官階級名
Oberstgruppenführer /
Generaloberst der Waffen-SS
最上級集団指導者 上級大将 なし    
Obergruppenführer /
General der Waffen-SS
上級集団指導者 大将      
Gruppenführer /
Generalleutnant der Waffen-SS
集団指導者 中将      
Brigadeführer /
Generalmajor der Waffen-SS
旅団指導者 少将    
1934-1945 武装SS肩章 1938-1945
SS将校階級 Oberführer 上級指導者 なし[7]    
Standartenführer 連隊指導者 大佐    
Obersturmbannführer 上級大隊指導者 中佐    
Sturmbannführer 大隊指導者 少佐    
Hauptsturmführer 高級中隊指導者 大尉    
Obersturmführer 上級中隊指導者 中尉    
Untersturmführer 下級中隊指導者 少尉    
1934-1945 武装SS肩章 1938-1945
SS下士官階級 Sturmscharführer 中隊付分隊指導者 曹長    
Hauptscharführer 高級分隊指導者 上級軍曹    
Oberscharführer 上級分隊指導者 軍曹    
Scharführer 分隊指導者 下級軍曹    
Unterscharführer 下級分隊指導者 伍長    
1934-1945 武装SS肩章 1938-1945 1938-1945
一般SS兵卒階級名
武装SS兵卒階級名が異なる場合は下段に記載
Rottenführer 班指導者 上等兵      
Sturmmann 突撃兵 一等兵      
Obermann /
Oberschütze
上級兵/上級狙撃手 上級二等兵      
Mann /
Schütze
兵/狙撃手 二等兵     なし

1932–1934編集

親衛隊階級 ドイツ軍 襟章
Obergruppenführer 最上級集団指揮官 大将
Gruppenführer 集団指導者 中将
Brigadeführer 旅団指導者 少将 写真なし
Oberführer 上級指導者 准将
Standartenführer 連隊指導者 大佐
Obersturmbannführer 上級大隊指導者 中佐
Sturmbannführer 大隊指導者 少佐
Sturmhauptführer 中隊高級指導者 大尉
Obersturmführer 上級中隊指導者 中尉 写真なし
Sturmführer 中隊指導者 少尉
Haupttruppführer 高級小隊指導者 曹長
Obertruppführer 上級小隊指導者 上級軍曹
Truppführer 小隊指導者 軍曹 写真なし
Oberscharführer 上級分隊指導者 下級軍曹
Scharführer 分隊指導者 伍長
Rottenführer 班指導者 兵長
Sturmmann 突撃兵 上等兵
Mann 二等兵  

1930–1932編集

親衛隊階級 ドイツ軍 襟章
Gruppenführer 大将
Oberführer 少将
Standartenführer 大佐
Sturmbannführer 少佐
Sturmhauptführer 大尉 写真なし
Sturmführer 中尉
Haupttruppführer 曹長
Truppführer 軍曹
Scharführer 伍長
Mann 二等兵

1925–1929編集

 
階級識別の為、初期の親衛隊が採用した初期型の政治指導者腕章

腕章のストライプで階級を区分した。

  • 全国指導者 (Reichsführer) ストライプ3個

全国指導者相当 (Reichsleiter)

  • 上級指導者 (Oberführer) ストライプ2個

大管区指導者相当 (Gauleiter)

  • 大隊指導者(Staffelführer) ストライプ1個

管区指導者相当 (Kreisleiter)

  • 兵卒(Mann)  ストライプなし

参考文献編集

  • D.S.V.フォステン, R.J.マリオン『武装親衛隊ミリタリー・ルック 制服・制帽・装備から階級章まで芳地昌三訳、サンケイ新聞社出版局〈第二次世界大戦ブックス別巻2〉、1972年。ASIN B000J9KHD2
  • 山下英一郎『制服の帝国 ナチスSSの組織と軍装』彩流社、2010年。ISBN 978-4779114977
  • ロビン・ラムスデン(en)『ナチス親衛隊軍装ハンドブック』知野龍太訳、原書房、1997年。ISBN 978-4562029297
  • 『WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉』ワールドフォトプレス〈Wild Mook 39〉、1980年。ASIN B000J8APY4

出典編集

  1. ^ 山下、p.48
  2. ^ 山下、p.306
  3. ^ ラムスデン、p.69
  4. ^ ラムスデン、p.179
  5. ^ フォステン、p.113
  6. ^ 山下、p.486
  7. ^ 但し、海軍の代将(こちらは佐官である上、袖章が将官と同様であるものの、大佐と同じ肩章が使用される)に相当するとも言われている。

関連項目編集