メインメニューを開く

観閲式

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ
観閲式で、隊列を組んで行進する陸上自衛隊
自衛隊記念日での観閲式
観閲式に参加する陸上自衛隊の戦車

観閲式(かんえつしき)は、軍事組織自衛隊などにおいて実施される式典および総合訓練。諸外国の観兵式に相当する。

概要編集

自衛隊編集

駐屯地基地の創立記念や方面隊師団連隊など各部隊の創隊記念に行われる記念式典である。主に国民や地域住民などに対して自衛隊の活動に理解を得るためや周辺国に対する牽制の意味で行われる。

観閲官編集

観閲式の観閲官は原則として主催する部隊などの長となるが、中央観閲式などのみは内閣総理大臣が観閲官となる。

また、主催が各部隊であっても師団旅団などにおいて重要な地域の部隊編成完結式を兼ねている場合は、防衛大臣などの高官が観閲官となり部隊などの長は観閲式執行者若しくは部隊指揮官として本式典を執行・指揮する。

観閲部隊指揮官編集

原則として観閲官が主催部隊の長の場合は当該主催部隊の副長が観閲部隊の指揮官となり、本式典における観閲部隊を指揮するが、一部例外があり観閲官と同一階級にある部隊の長が複数所在する場合は、序列上において下級者が観閲部隊指揮官を務める場合もあるほかに、中隊規模が複数所在する小規模駐屯地の場合は駐屯地業務隊長が部隊指揮官になる例もあり、一概に決まっている訳では無い。

観閲式等編集

以下は主な観閲式

その他の組織
備考