言語接触(げんごせっしょく)とは、二種類以上の言語が互いに影響を及ぼしあうことである。

概要編集

それぞれの言語の使用者が同じ社会の中で棲み分ける場合と、異なった社会に暮らす異なる言語の使用者が接触し、交易などを通じて深い関係を結ぶ場合がある。どちらの場合でも接触する言語間ではお互いに語彙借用が行われる。接触の度合いが進むにつれ借用語の流入は一時的、表面的なものから恒久的な言語そのものに関わる次元にまで達する。また時には文法、語法の借用も行われる。又交易などを通じ言語接触が起こった場合は、ピジン言語が成立する事例も多い。ピジンが母語話者を獲得し、完成された自然言語となったのがクレオール言語である。

また、言語接触状況において、威信の高い言語を上層言語、威信の低い言語を基層言語という。

地理的に隣接した言語同士が、接触を通して共通の音韻的・文法的特徴を獲得する場合も見られる。ある地域において、系統にかかわらず一定の類似性を示すようになった言語群は、言語連合と呼ばれる。

系統論における言語接触編集

言語は語族という分類単位が存在するが、生物のように世界中の全言語を系統分類できていない。この原因として言語接触による混合言語化、クレオール化が考えられる。(これは生物学でいう遺伝子の水平伝播に該当する[1]。)言語は拡散と混合を繰り返してきており、祖語自体が混合言語である場合はそれより上位の系統を決定できないためである。

言語接触と言語変化編集

他言語との接触は、借用語の流入のみならず、音韻論形態論統語論意味論といった広範な領域における変化を誘発する。[2]

音韻論

関連項目編集

脚注編集

参考文献編集

  • Aikhenvald, Alexandra Y. (2007), “Grammars in Contact: A Cross-Linguistic Perspective”, in Aikhenvald, Alexandra Y.; Dixon, R. M. V., Grammars in contact: A cross-linguistic typology, Oxford University Press, pp. 1-66, ISBN 9780199207831 
  • Trudgill, Peter (1974), “Linguistic Change and Diffusion: Description and Explanation in Sociolinguistic Dialect Geography”, Language in Society 3 (2): 215-246, doi:10.1017/S0047404500004358