調川町

日本の長崎県北松浦郡にあった町

調川町(つきのかわちょう)は、長崎県北松浦郡にあった町。昭和の大合併で周辺自治体と合併を行い市制施行、松浦市となった。

つきのかわちょう
調川町
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 新設合併・市制施行
志佐町新御厨町調川町松浦市
現在の自治体 松浦市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
北松浦郡
総人口 9,830
国勢調査、1950年)
隣接自治体 北松浦郡志佐町今福町
調川町役場
所在地 長崎県北松浦郡調川町下免97番地の1
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

現在は松浦市の一地域である調川町(つきのかわちょう)となっている。

地理編集

北松浦半島の北部に位置する。「調川」の地名は、日本の古代の租税制度である租庸調のうち「調の皮」を貢租としたことにちなむと云われる[1]

  • 山:不老山、豆五郎山、石盛山
  • 河川:調川川
  • 港湾:調川港

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、北松浦郡調川村が単独村制にて発足。
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 調川村が町制施行。調川町となる。
  • 1955年(昭和30年)3月31日 - 調川町・志佐町新御厨町が合併し市制施行。松浦市が発足し、調川町は自治体として消滅。

地名編集

を行政区域とする。調川町は1889年の町村制施行時に単独で自治体として発足したため、大字は無し。

  • 上免(かみ)
  • 下免(しも)
  • 白井免
  • 中免(なか)
  • 平尾免[2]
  • 松山田免

交通編集

鉄道編集

(志佐町) - 調川駅 - (今福町)

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 角川日本地名大辞典 42 長崎県「調川」
  2. ^ 明治初年頃、今福村(後の今福町)より編入。

関連項目編集