メインメニューを開く
長野県高山村にある謙信道の看板
高山村(長野県)の謙信道との看板がある林道。黒部地区-赤和地区。
高山村内の謙信道図。グーグルマップ利用(現在の生活道路も含む)

謙信道(けんしんみち)は上杉謙信川中島合戦の時に軍事目的で使った道と言われ、居城春日山城(上越市)から飯山市を通り木島平村山ノ内町高山村須坂市を通り松代町に至る道である。[1][2]当時は高山村内で群馬県草津町及び嬬恋村方面に通じる道と交差しており謙信が関東管領の時には関東への通り道としても利用された。[1]

詳細編集

謙信道のルートは春日山城[地図 1]から富倉峠(飯山市)[地図 2]へ、木島平村[地図 3]から須賀川(山ノ内町)[地図 4]を通り寒沢(菅)[地図 5]を抜け小池峠[地図 6]に至る。高山村では別ルートとして間山峠(中野市)[地図 7]経由の道も伝承されている。[1] 高山村のルートは宮村[地図 8]から松川を渡り牧[地図 9]に至る。福井原[地図 10] [3] から樋沢川を渡って黒部[地図 11]、城山[地図 12] [4]、赤和[地図 13]、久保[地図 14]、水中(水中しだれ桜 廉嶋神社)[地図 15]、灰野峠[地図 16]を抜け須坂市の豊丘[地図 17]から長野市若穂地区[地図 18]を通って松代[地図 19]に至る[1]

また善光寺平から上州(群馬県)へ抜ける二つの道が高山村で交差しており、福井原(高山村)から毛無峠[地図 20]を抜け嬬恋村に至る『毛無道』と山田峠(草津白根山山麓経由)[地図 21]を越える『草津道』があった。『毛無道』の資料での初見は『神道集[注釈 1]で、これらの道が中世から存在していた事がわかる。[5][6]

高山村村内には各地に伝承が残り中世以降も村民に利用されていたと思われ、現在も一部が農道、林道として利用されてる[1]上杉謙信は第四次川中島合戦武田信玄を打ち損じ、僅かな兵で謙信道を逃げ延びた様子が『甲越信戦録』[7][注釈 2]に掲載されている。 [8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 高山村史刊行会 2005, p. 199-200.
  2. ^ 高山史談会 2003, p. 1-13.
  3. ^ 刊行社 2016, p. 37.
  4. ^ 刊行社 2016, p. 20.
  5. ^ 高山村史刊行会 2005, p. 197-199.
  6. ^ 平凡社 1967, p. 126,178.
  7. ^ 龍鳳書房 2006, p. 242-247.
  8. ^ 龍鳳書房 2006, p. 5.

地図編集

注釈編集

  1. ^ 神道集』南北朝の頃の作。「赤城大明神の事」p126 に毛無峠に関所を設けた話がある。また「那波八郎大明神の事」p178 には"昔は毛無を通る道が・・・"とあり、当時すでに昔からあったと分かる。
  2. ^ 『甲越信戦録』は作者不明の江戸時代に書かれた軍記物。現代語訳者自身も資料的価値は希薄だと言っている。

参考文献編集

  • 信州 高山村史 第二巻 歴史編』高山村史編纂委員会、高山村史刊行会、2005年3月31日。
  • 『会報 高山史談会 No7』高山史談会(高山村編纂室)、高山史談会、2003年10月。
  • 戦国哀歌 川中島の戦い 甲越信戦録 (現代語訳・解説付)』岡澤由往、龍鳳書房、2006年11月1日。
  • 『高山村 高山中学校区 住宅地図』刊行社、刊行社、2016年4月。
  • 『東洋文庫94 神道集』貴志正造、平凡社、1967年7月。ISBN 978-4-582-80094-4

関連項目編集