メインメニューを開く

謙慎書道会(けんしんしょどうかい)は東京都千代田区飯田橋に事務局を置く、西川春洞の系統を中心とする書道団体。

謙慎書道会
創立者
団体種類 任意団体
設立 1933年5月
所在地 東京都千代田区飯田橋3丁目7-4 彩風館202
北緯35度42分06.9秒 東経139度44分48.0秒 / 北緯35.701917度 東経139.746667度 / 35.701917; 139.746667座標: 北緯35度42分06.9秒 東経139度44分48.0秒 / 北緯35.701917度 東経139.746667度 / 35.701917; 139.746667
主要人物
  • 会長 鈴木春朝
  • 理事長 髙木聖雨
  • 事務局長 牛窪梧十
活動地域 日本の旗 日本
ウェブサイト www.kensinn.org
テンプレートを表示

基本理念編集

明治・大正屈指の大家、西川春洞の系統を中心として、古典を尊重し、古典に学び、古典に立脚した学書の姿勢で書の本質を追及する[1]

沿革編集

[2]

  • 1904年(明治37年) - 西川春洞門の高弟達によって謙慎同窓会が創立される。首唱は諸井春畦豊道春海武田霞洞ら12名。
  • 1930年(昭和5年) - 謙慎書道会の前身、春興書道会が創立される。
  • 1933年(昭和8年) - 西川寧林祖洞江川碧潭鳥海鵠洞金子慶雲によって謙慎書道会が創立される。
  • 1936年(昭和11年) - 篆刻部を設置。
  • 1951年(昭和26年) - 西川春洞先生記念賞を新設。
  • 1961年(昭和36年) - 会員構成を理事制とする。顧問には西川寧、理事長は青山杉雨、副理事長は殿村藍田が就任した。
  • 1965年(昭和40年) - 西川春洞先生逝世五十周年記念展を開催。
  • 1966年(昭和41年) - 梅花賞を新設。
  • 1967年(昭和42年) - 謙慎選奨を新設。
  • 1984年(昭和59年) - 淺見筧洞が理事長に就任。
  • 1987年(昭和62年) - 事務局長の泉原寿石が死去。成瀬映山が事務局長に就任。
  • 1981年(平成元年) - 青山杉雨、顧問に就任。
  • 1993年(平成5年) - 小林斗盦、殿村藍田、上條信山、顧問に就任。
  • 1994年(平成6年) - 西川春洞先生記念賞・梅花賞・新人賞を、それぞれ西川賞・青山賞・梅花賞・春興賞と改称。
  • 2005年(平成17年) - 成瀬映山、最高顧問に就任。岩井韻亭、総務に就任。

七賢人編集

西川寧、青山杉雨、上條信山、殿村藍田、淺見筧洞、成瀬映山、小林斗盦の7人を、謙慎書道会の隆盛を築き上げた「謙慎七賢人」とする[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 謙慎書道会とは”. 謙慎書道会. 2019年7月28日閲覧。
  2. ^ 歴史”. 謙慎書道会. 2019年7月28日閲覧。
  3. ^ 七賢人”. 謙慎書道会. 2019年7月28日閲覧。

外部リンク編集