メインメニューを開く

谷原 公(たにはら いさお、1884年明治17年)9月 - 1982年昭和57年)11月6日)は、日本の政治家弁護士

経歴編集

徳島県出身。1914年、明治大学法科卒業。小学校校長、川上村長、徳島県会議員等を経て、1924年5月から1945年12月までの間、徳島1区から衆議院議員に4期当選。衆議院懲罰委員長を歴任した。戦後は日本進歩党に所属するが、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となり[1]、追放解除後[2]は政界に復帰しなかった。このほか徳島弁護士会長などを務めた。

脚注編集

  1. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。
  2. ^ 『朝日新聞』1951年8月7日朝刊二面。

参考文献編集

  • 『政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。