谷塩手
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 天武天皇元年7月23日672年8月21日
主君 大友皇子
氏族
父母 父:谷宇志
テンプレートを表示

谷 塩手(たに の しおて[1])は、飛鳥時代の人物。谷宇志の子とする系図がある[2]672年壬申の乱での大友皇子(弘文天皇)側の将。

経歴編集

谷氏倭漢氏に属する渡来系氏族である。壬申の乱で谷氏は敵味方に分かれ、塩手は大友皇子側の将であった。7月22日に瀬田で起こった両軍最後の会戦に、塩手も参加したと思われる。大友皇子を破って粟津岡に陣を敷いた村国男依らは、翌日に粟津市で犬養五十君と塩手を斬った。同じ日に大友皇子が自殺したことで壬申の乱は終結した。

脚注編集

  1. ^ 旧仮名遣いでの読みは「たにのしほて」
  2. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻10,倭漢氏 兄腹(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年 による)