谷落(たにおとし)は、柔道投技横捨身技の一つ。講道館国際柔道連盟 (IJF) での正式名。IJF略号TNO

谷落のイラスト

概要編集

相手の横か後ろから、脚を伸ばして相手の両脚を刈り、相手と一緒に真後ろに倒れこんで投げる技。右組の場合、技を仕掛ける側(取)は相手(受)を真後ろまたは右後ろ隅に崩し、背後または右側方から左脚を相手の両脚の後ろに当て、受の右側に倒れ込み(体を捨て)ながら、後方に投げる。

1926年、柔道の技術書『新式柔道』で金光弥一兵衛は谷落について、理論に走り実際に適せぬ技または妙味に乏しい技、だとして掲載を省略した旨、記載する[1]1982年、講道館技名称が制定されると谷落は含まれていた。

返し技として編集

背負投内股払腰などの背中を見せる技の前への崩しが不十分だった時、体を右側にずらしながら左脚で受の両脚を止め体を捨てながら投げる。相手が背中を見せているため、前から入るよりも容易になる。内股返払腰返跳腰返等から、体を捨てたケースとも言える。

奇襲技として編集

取は左手で受の左袖をつかみ、それを右腋で抱えるようにして上から右手を深く差し入れ受の左太ももを後から抱えて低い体勢を取る。その右腋と左手で受の左腕を固めたまま右手で抱えた左太ももをすくい上げながら、後方に反って投げる。

特殊な組み手から掛けるため相手に悟られやすいが、受の状態を固めているため深く入ってしまうと防ぐのは難しく、かつては試合でもしばしば見られたが、のちに帯より下をつかむことができなくなり使用は制限されている(詳細は組み手_(柔道)#脚掴みの禁止を参照のこと)。このため、奇襲としてこの技を使うことは非常に難しくなった。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 金光弥一兵衛『新式柔道隆文館、日本、1926年(大正15年)5月10日、87頁。「右の他横落、帯落、谷落、朽木倒、引込返、横分、山嵐と名付けらるゝ業あれ共、理論に走り實際に適せぬもの又は業として妙味乏しきものなれば省略する。」

外部リンク編集