メインメニューを開く

谷那 晋首(こくな しんす、生没年不詳)は、百済官吏。官位は達率。故国の滅亡に伴い、白村江の戦いの後に倭国日本)へ亡命した。

記録編集

日本書紀』巻第二十七によれば、白村江の戦いで敗北した天智天皇2年(663年)9月24日(甲戌)に余自信木素貴子憶礼福留ら百済の民と倭の船師達と共に弖礼城に至り、翌日倭国へ向けて出航した。天智天皇10年(671年)1月に大山下の冠位を授けられ、その際「閑兵法(つはものにならへり=兵法を習得していた)」と記載されている[1]

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集