メインメニューを開く

憶礼 福留(おくらい ふくる、生没年不詳)は、百済官吏あるいは武人。官位は達卒。故国の滅亡に伴い、白村江の戦いの後に倭国日本)へ亡命した。

記録編集

氏の「憶礼」は憶頼とも表記され、意味は百済の聖地を指すとされるほか、百済の雅称である「意流」・「尉礼」・「意呂」に由来するとの説がある。

日本書紀』巻第二十七によれば、天智天皇2年(663年)9月24日(甲戌)、余自信木素貴子谷那晋首ら百済の民と倭の船師達と共に弖礼城に至り、翌日倭国へ向けて出航した。福留は兵法に詳しく、天智天皇4年(665年)8月には、同じく百済の遺臣で達卒の四比福夫と共に筑紫国大野城椽城古代山城)を築いた。天智天皇10年(671年)1月には大山下の冠位を授けられた[1]

一族には、天平宝字5年(761年)3月の記事にある憶頼子老がおり[2]、『新撰姓氏録』によれば近肖古王の孫にして、石野連の祖先とされる[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 憶礼福留(おくらい ふくる)とは - コトバンク”. 2017年5月6日閲覧。
  2. ^ 『続日本紀』巻第二十三、廃帝 淳仁天皇 天平宝字5年3月15日条
  3. ^ 新撰姓氏錄 しんせんしょうじろく”. 2017年5月6日閲覧。 “左京 諸蕃 百濟 石野 連 百濟國人近速古王孫憶賴福留之後也。”

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集