メインメニューを開く

豊宗 広人(とよむね の ひろひと)は、平安時代初期の貴族は堅部(または竪部)使主のち豊宗宿祢官位従五位下主計頭

 
豊宗広人
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下主計頭
主君 桓武天皇平城天皇嵯峨天皇
氏族 堅部(または竪部)使主→豊宗宿祢
テンプレートを表示

目次

経歴編集

光仁朝大外記を務めた堅部人主の近親か。

桓武朝後半に従五位下左大史に叙任される。延暦19年(800年)大外記に任ぜられると、桓武朝・平城朝嵯峨朝の三朝約15年に亘ってこれを務める。桓武朝末の延暦25年(806年)堅部使主から豊宗宿祢に改姓した。

平城朝では大外記を務める一方で、山陰道観察使判官主税助陰陽助・主税頭などを兼帯し、大同3年(808年)には内位の従五位下に叙せられている。

嵯峨朝の弘仁7年(816年)主計頭に転じた。

官歴編集

注記のないものは『日本後紀』による。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『外記補任』

参考文献編集