メインメニューを開く

豊藏 一(とよくら はじめ、1927年9月5日 - 2013年12月30日)は、日本の建設官僚

来歴・人物編集

1927年9月5日東京府北多摩郡立川町(現在の東京都立川市)出身。

満州大連第一中学校、第六高等学校を経て、1953年東京大学法学部卒業後、建設省入省。道路局長、住宅局長、大臣官房長を経て、1980年建設事務次官に就任。

建設省退官後は、阪神高速道路公団理事長、住宅・都市整備公団総裁、東日本建設業保証社長などを歴任。

2001年プロ野球セントラル・リーグ会長に就任し、2008年末にセントラル・リーグ及びパシフィック・リーグが日本プロ野球コミッショナー事務局(日本プロフェッショナル野球組織)に統合され、リーグ会長職が廃止されるまで務めた。

その他の公職としては、東京都公安委員、帝都高速度交通営団管理委員を務めていた。

2001年、勲一等瑞宝章受章。

2013年12月30日、86歳で死去[1]

脚注編集

  1. ^ 元セ会長の豊蔵一氏が死去、86歳 MSN産経ニュース 2014年1月6日
その他の役職
先代:
高原須美子
セントラル・リーグ会長
第5代:2000 - 2008
次代:
大越英雄
(セントラル・リーグ運営部長)