メインメニューを開く

オージー・ビーフ

豪州産牛肉から転送)

オージー・ビーフ (: Aussie Beef) は、オーストラリア牛肉の通称。 オーストラリアは世界有数の牛肉輸出国であり、日本をはじめ、アメリカ合衆国、韓国、中国などにも輸出をしている。 日本では輸入牛肉の大半をオージー・ビーフとアメリカ産ビーフが占めており、歴史的、量的な繋がりは強い。

概要編集

原料となる肉牛は生まれると広い敷地で放牧される。 輸出マーケットの需要に合わせるため、放牧後に穀物を食べさせるグレインフェッドの飼育も普及している。2018年12月の統計によると、日本に輸出されたチルド(冷蔵)ビーフの約74%が穀物で育てたグレインフェッドである。 輸入統計のみを見ると、オーストラリア産の牛肉はグラスの割合が5割以上となるが、その多くはハンバーグなどの加工原料に使用されており、実際には消費者が直接買える精肉のほとんどはグレインフェッドである。

生産編集

農場編集

オーストラリアの土地の約47%が農業経営者により管理されており、そこに約2,800万頭の牛と約7,400万頭の羊が生育している。

 
オーストラリアの放牧地
 
オーストラリアの放牧地2

放牧時は牧草を餌とされ、このまま食肉にされる牛は牧草牛やグラスフェッドなどと呼ばれる。牛の本来の生活で育った牛の肉質は赤身が多い。グラスフェッドビーフは日本へはフローズン(冷凍)で輸入されることが約8割で、その多くが赤身率の高さを利用したハンバーグパティなどの加工原料に使われる。豪州産グラスフェッドビーフの輸入量の約2割は冷蔵(チルド)で、その多くが、牧草牛、オーガニッックビーフなどの付加価値商品としてファンが多い。

フィードロット(肥育場)編集

グレインフェッドとして出荷される牛は出荷前に大麦、小麦を中心とした穀物を与えられる。 オージー・ビーフは「グラスフェッドが中心」と表現されることもあるが、それは加工原料やオーガニックビーフなど高級品を含めたものである。日本を含むアジア向けの精肉市場へはグレインフェッドの輸出が大半を占める。

 
穀物飼料

日本を中心としたアジアマーケットではサシ脂が好まれ、この需要に合わせるため、フィードロットと呼ばれる肥育場に輸送し、グレインフェッドと呼ばれる穀物(グレイン)肥育が行われる。穀物は牧草と比べカロリーが高いため、効率的に生体牛を増量できる。この方法は米国産ビーフと同じであるが、米国では遺伝子組み換えを含む飼料用コーンを中心に与えられるのに対し、オーストラリアでは遺伝子組み換えが行われていない大麦、小麦が飼料の中心となる。また、肥育期間によりロングフェッド、ミドルフェッド、ショートフェッドなどに分類される。


加工編集

オーストラリアの牛肉加工場は輸出をメインに設計されている場合が多く、衛生面で優れているため、チルド状態でも品質保証を100日に設定する生産者もいる。 製造時にはイスラムマーケットを意識して、ハラルの手続きを取る生産者もいるが、日本に流通する際はハラルが意識されることは少ない。そのため、日本でハラルビーフを保証することは稀である。

流通編集

日本には多くが船便で輸送されてくる。冷凍(フローズン)、冷蔵(チルド)の両方で輸入されるが、冷凍は主にハンバーガーパティなどの加工原料、冷蔵はスーパーなどの精肉売り場に流通する。 なお、統計上、冷凍の加工原料の割合が多く、その多くがグラスのため「オージー・ビーフは牧草で育てている」と誤解されがちであるが、消費者に身近な精肉コーナーで売られているオージー・ビーフのほとんどはグレイン(穀物肥育)が多い。


外食産業関係編集

  • マクドナルド(日本マクドナルド)などの日本の主要ファーストフードチェーンのハンバーガー用の牛肉は、多くが安全で赤身率の高いオーストラリア産を採用している。このため、米国産牛肉牛海綿状脳症 (BSE) 発覚による禁輸措置が取られた2003年以降も、牛丼と異なりほとんど影響は受けなかった。
  • 牛丼チェーンすき家なか卯などはオーストラリア産および米国産牛肉を使用した牛丼を提供している。
  • なお、牛丼チェーンの吉野家は牛丼の原材料として以前から現在に至るまで、米国産を中心としながらも少ない割合ではあるがグレインフェッド(前述)のオーストラリア産牛ばら肉も使用している(吉野家牛肉総使用量の内、豪州産の割合は牛丼休止前:1%前後、牛丼販売再開後:10%程度となっている)[1]

安全管理体制編集

オーストラリアという国自体が独立した島大陸であり固有の生態系を守るため、そして食肉輸出産業を基幹産業としていることから、厳格な検疫体制を敷いている。2012年1月末現在、BSEや口蹄疫の発生はない。

個々の牛については、電子タグによる移動履歴情報のデータベース化が行われている。

歴史編集

1788年1月に、南アフリカから2頭の雄牛と6頭の雌牛がシドニーに運び込まれたのが始祖とされる。2011年現在で約2800万頭の牛が飼育されているという。

対日輸出編集

戦後まもなく牛肉の輸入が開始され、当時は割り当て制であったが、1991年に日本が海外からの牛肉の輸入を自由化した。米国産牛肉のBSE発覚による禁輸措置後、輸入牛肉はほとんどがオーストラリア産で占められるようになる。 北米からの輸入が禁止された2004年以後、日本国内で消費された牛肉の半分強がオーストラリア産牛肉である[2]

脚注編集

外部リンク編集

  • MLA豪州食肉家畜生産者事業団 - オーストラリアの肉牛と羊の生産者の出資による生産者団体。オーストラリアにおける畜産の研究開発、及び、牛・羊肉のマーケティング活動を行う組織。オーストラリアにとって最大の輸出国である日本では、主に外食産業や小売店での販売促進、展示会やセミナー等のマーケティングおよび広報活動、市場調査等を行っている。

文献編集

  • 国立国会図書館 資料請求記号:DM456-J16  「ビーフ産業の研究」  -オーストラリアンビーフのすべて-