メインメニューを開く

貝層

人為的、または自然に貝殻が堆積したもの

貝層(かいそう)とは、地中に貝類堆積して貝殻による層をなしたもの。過去人類の活動によって形成された「人為貝層」(いわゆる「貝塚」)と、太古の海に生息していた貝類の死骸が海底に堆積して形成された「自然貝層」がある[1]

人為貝層編集

過去人類が食用等の目的で採取し、集落内外の捨て場に遺棄したもので、「貝塚」とよばれる遺跡を構成する。主に考古学の研究対象となる。人為貝層は、遺跡を構成する土層の一種であり、かつそれ自体が遺構でもある。ハイガイハマグリアサリヤマトシジミマガキアワビサザエなど様々な食用貝類からなり、太古の人類(縄文時代人弥生時代人など)の食生活や環境を知るための重要な考古資料となる。

考古学では貝類の密度に応じて以下のように分類されている[2]

  • 純貝層(じゅんかいそう):ほぼ貝殻のみで形成される層。
  • 混土貝層(こんどかいそう):土より貝殻の割合が多い層。
  • 混貝土層(こんかいどそう):貝殻より土の割合が多い層。

人為貝層の例編集

日本の貝塚一覧」または「Category:日本の貝塚」を参照

自然貝層編集

 
アイスランドの自然貝層

太古の海に生息していた貝類が死んだ後、海底土砂と共に地層化したもので、多くは化石と化している。 主に地質学古生物学の研究対象となる。隆起により陸地化した場合、地層の露頭などで観察され、古環境復元の研究などで活用される。地方自治体によって天然記念物に指定されているものもある。

自然貝層の例編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集