賀茂 清茂(かも の きよしげ、1679年12月24日延宝7年11月22日)- 1754年1月16日宝暦3年12月23日))は、江戸時代前期から中期の神職国学者である。本姓は中大路。

経歴・人物編集

京都の生まれ。賀茂別雷神社社官であった中大路清令の後を継ぎ、同神社の神職となった。後に伊藤仁斎出雲路信直中原職資から国学を学ぶ。

これによって、伏見宮邦永親王皇族に『日本書紀』等の古学を講じた。また同時期に岡本季輔と共に「賀茂三手文庫」を創設したり、仏葬の制度の中で神葬祭神事の復興に携わる等、享保における神道の再興に貢献した。この業績により、1739年元文4年)に従四位上に叙された。

主な著作物編集

  • 『賀茂郡記類鑑』
  • 『往来田訴論記』
  • 『清茂県主日記』

出典編集

[脚注の使い方]