メインメニューを開く

座標: 北緯35度40分13.3秒 東経139度44分15秒 / 北緯35.670361度 東経139.73750度 / 35.670361; 139.73750[1] 赤坂コルドンブルー(あかさか-)は、かつて東京都港区赤坂に存在した、レストランシアター。

概要編集

コルドンブルー (cordon bleu)という名称には、フランス語で「一流」という意味がある[2]

1971年に開店。当時の金額で一人5万円はする高級レストランシアター(フランス料理のフルコース付きのレヴューショー劇場)だった[3]。特に好評であった料理コースはエスカルゴ料理であった。

レビューショーの制作には井原高忠(元日本テレビ第一制作局局長[4])、藤本晴美照明デザイナー)、小井戸秀宅振付家)らが携わっていた。影の総合プロデュースとして髙橋正直が全てを仕切った。

レビュー出演者のジャンルは、著名歌手以外にも多様(前田美波里、マッハ文朱、夏木マリ、プリンセス天功など)。幕間には、お笑い分野の清水アキラおぼん・こぼんシティボーイズとんねるずらが、若き日にコントなどを見せることもあった。

フランク・シナトラジョン・レノンモハメド・アリなど日本国外の著名人も、客として来店した。

1994年に閉店(レビュー数は25年間でのべ2万回超[3])後、跡地は「Bフラット」というジャズ専門ライブハウスとして引き継がれた[5]

関連書籍編集

  • 『駒野カズアキ写真集 The Revue 赤坂コルドンブルー』 ジャパンコミュニケーションサイエンス 2005年

脚注編集