メインメニューを開く

赤沢 長経(あかざわ ながつね)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将細川氏の重臣。

 
赤沢長経
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 不明
死没 永正5年8月2日1508年9月7日
別名 通称:新兵衛尉
主君 細川政元澄元
氏族 赤沢氏
父母 養父:赤沢朝経
兄弟 養兄弟:政経
テンプレートを表示

略歴編集

養父・赤沢朝経と共に細川政元に仕え、永正3年(1506年)8月に養父と共に大和国を制圧、翌永正4年(1507年)6月には政元の命令により養父と共に丹後国一色義有を攻めた。ところが戦いの最中に政元が養子澄之派の重臣薬師寺長忠香西元長竹田孫七らによって暗殺されたため(永正の錯乱)、一色義有や石川直経ら丹後国人衆の反撃を受けて朝経は自害したが、長経は奇跡的に逃げ延びて、政元のもう1人の養子澄元の家臣として仕えることとなった。8月に澄元が京奪還を目指して澄之を攻めた時には先陣を務めて武功を挙げた。

同年9月に澄元の命令で大和に侵攻し、筒井順賢十市遠治越智家教ら大和国人衆を破り、大和を占拠した。翌永正5年(1508年)、主君・澄元と細川高国が細川家の家督を巡って抗争すると、6月に大内義興に擁立された足利義稙が上洛、11代将軍足利義澄と澄元を追放し将軍職に復帰、高国も細川家当主・管領に就任した。長経は義澄派として澄元・畠山義英古市澄胤と共に義稙派の高国・畠山尚順河内国で戦ったが、敗れて逃走、大和初瀬で捕縛され、8月2日に河内で斬首となった。

出典編集