赤沢 露石(あかざわ ろせき)は、陶芸家名跡

赤沢家は京都に本山をもつ妙心寺の開山である関山慧玄の上洛に同行し以後、代々行者として江戸末期までその一家を成す。

明治維新以後、廃仏毀釈により、行者の職を失い、以後、絵画、陶芸に携わる。

初代編集

初代は赤沢華峯(赤沢元次郎)。田能村直入に南画を習う。五条坂において画の指導を行う。のちに転じて陶芸に携わる。

二代編集

二代赤沢露石(赤沢修三)は、初代元次郎の子。華峯の跡を継ぎ、露石と号し、陶芸に携わる。昭和18年に技術保存認定を交趾焼の作品により認定。京都伝統陶芸家協会の設立に携わり、同協会会員となる。

三代編集

三代赤沢露石(赤沢静尾)は、二代修三の妻。若くより茶の湯に親しみ、家業を助ける。京都伝統陶芸家協会会員。

四代編集

四代赤沢露石(赤沢正中)は、二代修三の孫。線文様をモチーフにした近代的な交趾焼により日本工芸会正会員となる。京都伝統陶芸家協会会員。日本陶芸展第1回、第2回展入選。

五代編集

五代赤沢嘉則は、4代正中露石の長男。モザイクをモチーフにした近代的な交趾焼により国際陶芸アカデミー(IAC)会員となる。四代露石永眠に伴い露石を一旦預かり。

外部リンク編集