超擬態人間』(ちょうぎたいにんげん、英題:Mimicry Freaks)は、2020年日本スラッシャーホラー映画。 第37回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭に出品し、アジア部門グランプリを受賞。[1] 製作総指揮は『探偵物語』『波の盆』など数々の日本テレビドラマを手掛けたプロデュ―サーの山口剛。 監督は『狂覗』『生地獄』の藤井秀剛

超擬態人間
Mimicry Freaks
監督 藤井秀剛
脚本 藤井秀剛
原案 伊藤晴雨
製作総指揮 山口剛
出演者
  • 杉山樹志
  • 望月智弥
  • 田中大貴
  • 河野仁美
  • 坂井貴子
  • 越智貴広
  • 桂弘
  • 宮下純
  • 安井大貴
音楽 上田健二
撮影 藤井秀剛
編集 藤井秀剛
制作会社 CFA
製作会社 POP
配給 日本の旗 イオンエンターテインメント
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

大正時代の有名な幽霊画家、伊藤晴雨の『怪談乳房榎図』に着想を得、幼児虐待をテーマにしたオリジナル作品[2]

世界三大ファンタスティック映画祭の1つ、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭アジア映画部門にて、日本映画としては初のグランプリを受賞。全世界48ヶ国で配給された。以降も、富川国際ファンタスティック映画祭、オブスキュラ映画祭など各国の映画祭で高い評価を受ける[要出典]

新型コロナウイルス流行の影響で当初予定していた4月24日公開は延期。2020年10月30日に日本公開[3]

監督の藤井は「近年の社会情勢は大人として恥ずかしいことばかりで、その怒り」が原動力となったと述べており[4]、男の幽霊が赤ん坊を抱く姿を描いた日本画『怪談乳房榎図』をポスターにしたいとおもったことが着想の原典となっている。藤井によれば海外では「『超擬態人間』は“悪魔のディズニーランドだ”」と感想を例えられたという[5]

評価編集

  • Asian Movie Pulse誌』 選出の2019年ベストアジアンホラー 第8位 [6]
  • 『'Easternkicks.com 』のJames Mudgeは、幻想的で野心的なホラー体験!と評価は5星[7]

出演者編集

丸山風摩
演 -杉山樹志
佐竹徹
演 -望月智弥
元川益暢
演 -田中大貴
元川佐久羅
演 -河野仁美
新開真里
演 -坂井貴子
丸山英之
演 -越智貴広
永田絵麻
演 -宮下純
光武蔵人
演 -桂弘
狂乱男
演 -安井大貴

スタッフ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 藤井秀剛監督『超擬態人間』ブリュセル国際ファンタスティック映画祭2019で受賞”. fjmovie.com (2019年4月). 2019年4月閲覧。
  2. ^ Inc, Natasha (2020年3月5日). “幼児虐待テーマのホラー「超擬態人間」公開、監督は「狂覗」の藤井秀剛” (日本語). 映画ナタリー. 2021年1月30日閲覧。
  3. ^ 超擬態人間 (2018)|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ (2020年10月30日). 2021年1月30日閲覧。
  4. ^ Inc, Natasha (2020年10月7日). “「超擬態人間」監督インタビュー到着、制作のきっかけは社会情勢に感じた怒り” (日本語). 映画ナタリー. 2021年1月30日閲覧。
  5. ^ ジャンル映画の鬼才・藤井秀剛が新作『超擬態人間』に込めたカルト・ホラー愛 - 2ページ目 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS” (日本語). MOVIE WALKER PRESS (2020年10月28日). 2021年1月30日閲覧。
  6. ^ The 15 Best Asian Horror / Exploitation Movies of 2019”. asianmoviepulse.com (2019年12月24日). 2019年12月24日閲覧。
  7. ^ James Mudge (2020年4月9日). “MIMICRY FREAKS”. easternkicks.com. 2020年4月9日閲覧。

外部リンク編集