メインメニューを開く

波の盆

波の盆』(なみのぼん)は、1983年11月15日の21:02 - 22:54に日本テレビ系列(NNS)で放送されたテレビドラマ。また、その主題曲として作られた武満徹の楽曲。

西武スペシャル
波の盆
ジャンル テレビドラマ
脚本 倉本聰
監督 実相寺昭雄
出演者 笠智衆
加藤治子
中井貴一
石田えり
オープニング 『波の盆』作曲:武満徹
時代設定 1983年夏
プロデューサー 梅谷茂(制作)
吉川正澄
山口剛
各話の長さ 112分
制作 日本テレビ
テレビマンユニオン
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1983年11月15日
放送時間 火曜日21:02 - 22:54
回数 1

目次

概要編集

戦争によって引き裂かれたハワイ日系移民家族の姿と、それぞれの想いを描く。舞台はマウイ島ワイルクラハイナなど。現地のコンドミニアムにキャストとスタッフが共同生活しながら撮影が行われた。

日本テレビテレビマンユニオン提携作品。監督は実相寺昭雄、脚本は倉本聡西武セゾングループ提供の「西武スペシャル」として放送された。第38回(昭和58年度)芸術祭大賞、第1回ATP賞グランプリ、第16回テレビ大賞優秀番組賞を受賞。

1984年2月4日には、芸術祭大賞受賞を記念して再放送された。現在は、バップよりDVDとして発売されているほか、横浜放送ライブラリーにて無料で閲覧できる。

2011年8月27日、川崎市市民ミュージアムで開催された「実相寺昭雄展」で、関係者試写、スクリーン上映会が行われた。[1] 2013年、日本テレビ開局60年記念の一環として、CS日テレ日テレプラスにて周年ドラマ特集が組まれ、「秋のシナリオ」「ゴールデンボーイズ 1960笑売人ブルース」「テレビ、翔んだ!」とともに再放送された(本作は12月7日ほかで放送された)。

あらすじ編集

1983年夏、ハワイ・マウイ島。長年連れ添った妻に先立たれた日系一世の老人・山波公作は、仕事を引退して毎日追憶に耽る日々を過ごしていた。そんなある日、遠い昔に勘当した四男・作太郎の娘・美沙が、亡くなった妻に宛てた手紙を携えて日本からやってきた。孫が訪ねてくれた嬉しさの反面、祖国を裏切って米軍に協力した作太郎へのわだかまりがある公作は、美沙に対して心を開くことができない。そんな公作に、思い出の中の妻・ミサが優しく語りかけてくる。

スタッフ編集

キャスト編集

サウンドトラック編集

武満徹作曲の本番組のサウンドトラックは、岩城宏之指揮、東京コンサーツ演奏によるもの。下記のとおりソフト化されている。

脚注編集