メインメニューを開く

イオンエンターテイメント

イオングループ > イオンエンターテイメント

イオンエンターテイメント株式会社: AEON ENTERTAINMENT CO.LTD)はイオングループの映画興行会社。

イオンエンターテイメント株式会社
AEON ENTERTAINMENT CO.LTD
Tradepia Odaiba.jpg
イオンエンターテイメント本社が入居する
トレードピアお台場
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
135-0091
東京都港区台場二丁目3番1号
トレードピアお台場10F
設立 1991年10月8日
(株式会社ワーナー・マイカル)
業種 サービス業
法人番号 2010001080550
事業内容 シネマコンプレックスの運営など
代表者 片岡 尚(代表取締役社長)
資本金 10億円
主要株主 イオン株式会社 100%
関係する人物 ジェリー・ブラック(代表取締役会長)
ミラード・L・オゥクス(元代表取締役社長)
外部リンク http://www.aeoncinema.com/
テンプレートを表示

株式会社ワーナー・マイカルとして設立され、2013年7月1日イオンシネマズ株式会社を合併し、現社名に変更した。日本国内で最多のスクリーン数を運営する。合併以前はワーナー・マイカル・シネマズの屋号でシネマコンプレックスを運営していたが、合併以降はイオンシネマズが運営していたイオンシネマの屋号に統一した。

目次

歴史編集

※合併前のワーナー・マイカルおよびイオンシネマズの歴史の詳細はそれぞれの項目を参照。

 
改称後のイオンシネマ
(イオンシネマみなとみらいにて)

イオンエンターテイメント株式会社は、1991年にワーナー・ブラザース・インターナショナル・シネマズ(本社アメリカタイム・ワーナーグループ)とニチイ(後のマイカル)の合弁株式会社ワーナー・マイカルとして設立されたが、2013年2月28日にタイム・ワーナーグループが資本を撤退したことに伴い、ワーナー・マイカルがイオンの完全子会社となり、同年7月1日にはワーナー・マイカルを存続会社として、イオンシネマを運営していたイオンシネマズと合併し、現社名となった。これによりスクリーン数は609となり、TOHOシネマズを抜いて日本国内最多のスクリーン数を持つ映画興行会社となった。劇場名は同年6月から年内にかけて「ワーナー・マイカル・シネマズ」から改称し「イオンシネマ」に統一するとしていたが[1][2]、公式サイトにおける劇場名称[3]や劇場の公称としては会社の統合と同日付けでイオンシネマに統一された[4]。なお、看板などは同年内を目処に全劇場を変更した[5]。また、ロゴに関しては旧イオンシネマズ時代とほとんど同じ物を引き続き用いているが、配色が赤色から現在のイオンのコーポレートカラーであるローズレッドとなった他、「AC」の文字が旧イオンシネマズ時代の物よりも丸みを帯びた物となり、さらに「AEON CINEMA」「イオンシネマ」のフォントがイオングループ共通のものへとマイナーチェンジした。

統合の同日よりU-NEXTと共同で、シネコンとしては国内初のVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス「イオンシネマ WEB スクリーン powered by U-NEXT」を開始した。同サービスではテレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット等で55,000本以上のビデオ作品を視聴できる他、毎月もらえる「PPVポイント」によりイオンシネマクーポン(映画鑑賞割引)との交換が可能である[6]

ワーナー・マイカル・シネマズ時代には劇場マナームービーや館内のグッズなどで、ワーナー・ブラザースが製作しているバッグス・バニーを始めとするルーニー・テューンズのキャラクターが使用されていたが、イオンエンターテイメント発足の2013年7月までに同じく本編開始前の映像で用いられていた「カチンコ君」共々廃止され、2014年2月26日に後継キャラとしてドラゴンの「ジャジャン」が発表された[7]

ワーナー・マイカル・シネマズおよび旧イオンシネマと同様、大半の劇場がイオングループの商業施設に併設されているが、イオングループ外の商業施設[注 1]に出店している劇場も少数存在する。

沿革編集

  • 1991年10月8日 - ワーナー・ブラザース・インターナショナル・シネマズ(本社アメリカ)とニチイ(後のマイカル)との合弁会社として会社設立(出資比率:タイム・ワーナーグループ 50%/株式会社マイカル 50%)。
  • 1999年4月1日 - イオンシネマズがジャスコ株式会社(現イオン株式会社)100%出資の子会社として資本2億円で設立される。
  • 2012年12月19日 - 親会社のイオンが2013年2月か3月に米ワーナー・ブラザース・エンターテインメントから全株を取得し完全子会社化することを発表[8][9][10]
  • 2013年
    • 2月28日 - イオンの完全子会社になる。これにより日本市場から外資系資本が参画する映画興行会社は姿を消した(出資比率:イオン株式会社 100%[11])。
    • 7月1日 - ワーナー・マイカルを存続会社としイオンシネマズを吸収合併。社名はイオンエンターテイメントに変更した。シネマコンプレックスの屋号は同日、イオンシネマに統一している[1]

劇場編集

イオンエンターテイメントの劇場を下記に示す。席数が最も多いのは東京都板橋区にある『イオンシネマ板橋』(2326席)で、最も少ないのは茨城県下妻市にある『イオンシネマ下妻』(722席)である。

W …旧ワーナー・マイカル・シネマズの劇場 / A …旧イオンシネマの劇場 / 無印 …統合後に開館した劇場

営業中の劇場編集

北海道編集

劇場名 所在地 併設施設 規模 開館日 備考
小樽 北海道小樽市 ウイングベイ小樽 7スクリーン
1517席
1999年3月11日 W
THX導入劇場
江別 北海道江別市 イオン江別店 8スクリーン
1755席
1997年11月1日 W
北見 北海道北見市 イオン北見店 7スクリーン
1300席
2000年9月23日 W
釧路 北海道釧路郡釧路町 イオン釧路店 8スクリーン
1707席
2000年11月30日 W
旭川駅前 北海道旭川市 イオンモール旭川駅前 8スクリーン
1174席
2015年3月27日

東北編集

劇場名 所在地 併設施設 規模 開館日 備考
弘前 青森県弘前市 弘前さくら野シティ 6スクリーン
1297席
1994年9月23日 W
北上 岩手県北上市 さくら野百貨店北上店 7スクリーン
1303席
2000年3月1日 W
石巻[注 2] 宮城県石巻市 イオンモール石巻 8スクリーン
1625席
2007年3月30日 W
名取 宮城県名取市 イオンモール名取 10スクリーン
1611席
2007年2月28日 W
4DX導入劇場
大曲 秋田県大仙市 イオンモール大曲 5スクリーン
786席
2008年10月11日 A
米沢 山形県米沢市 イオン米沢店向かい 7スクリーン
948席
1998年12月5日 W
三川 山形県東田川郡三川町 イオンモール三川 7スクリーン
1,417席
2001年8月11日 A
天童 山形県天童市 イオンモール天童 10スクリーン
1481席
2014年3月21日
福島 福島県福島市 曽根田ショッピングセンター 9スクリーン
1550席[注 3]
1998年3月1日 W

関東編集

劇場名 所在地 併設施設 規模 開館日 備考
守谷 茨城県守谷市 イオンタウン守谷 10スクリーン
2154席
2007年6月28日 W
下妻 茨城県下妻市 イオンモール下妻 5スクリーン
722席
2008年12月19日 A
太田 群馬県太田市 イオンモール太田 10スクリーン
2304席
2003年12月3日 A
高崎 群馬県高崎市 イオンモール高崎 10スクリーン
1409席
2006年10月20日 A
越谷レイクタウン 埼玉県越谷市 イオンレイクタウン 10スクリーン
1595席
2008年10月2日 A
4DX導入劇場
浦和美園 埼玉県さいたま市緑区 イオンモール浦和美園 11スクリーン
2087席
2006年4月21日 W
大宮 埼玉県さいたま市北区 イオン大宮店 8スクリーン
1770席
2000年10月21日 W
THX導入劇場
大井 埼玉県ふじみ野市 イオン大井店 7スクリーン
1526席
1998年10月7日 W
熊谷 埼玉県熊谷市 イオン熊谷店 8スクリーン
1480席
2000年11月16日 W
羽生 埼玉県羽生市 イオンモール羽生 9スクリーン
1851席
2007年11月2日 W
春日部 埼玉県春日部市 イオンモール春日部 10スクリーン
1900席
2013年3月5日 W
ULTIRA、D-BOX導入劇場
市川妙典 千葉県市川市 イオン市川妙典店 9スクリーン
2211席
1999年4月1日 W
千葉ニュータウン 千葉県印西市 イオンモール千葉ニュータウン 8スクリーン
1868席
2006年4月15日 W
銚子 千葉県銚子市 イオンモール銚子 5スクリーン
766席
2010年3月6日 A
幕張新都心 千葉県千葉市美浜区 イオンモール幕張新都心 10スクリーン
1569席
2013年12月20日 ULTIRA、D-BOX
DOLBY ATMOS導入劇場
板橋 東京都板橋区 イオン板橋ショッピングセンター 12スクリーン
2326席
2000年5月25日 W
THX導入劇場
多摩センター 東京都多摩市 丘の上パティオ内 8スクリーン
1806席
2005年11月15日 W
むさし村山 東京都武蔵村山市 イオンモールむさし村山 12スクリーン
2175席
2006年11月14日 W
日の出 東京都西多摩郡日の出町 イオンモール日の出 9スクリーン
1730席
2007年11月23日 W
シアタス調布 東京都調布市 トリエ京王調布 11スクリーン
1652席
2017年9月29日 DTS:X、ULTIRA
4DX、GRAN THEATER[12]導入劇場
新百合ヶ丘 神奈川県川崎市麻生区 イオンスタイル新百合ヶ丘 9スクリーン
2125席
1997年8月29日 W
港北ニュータウン 神奈川県横浜市都筑区 ノースポート・モール 12スクリーン
2294席
2007年4月21日 W
ULTIRA、D-BOX導入劇場
みなとみらい 神奈川県横浜市中区 横浜ワールドポーターズ 8スクリーン
1603席
1999年9月10日 W
4DX導入劇場
海老名 神奈川県海老名市 イオン海老名ショッピングセンター 7スクリーン
1874席
1993年4月24日 W
THX導入劇場
茅ヶ崎 神奈川県茅ヶ崎市 イオンスタイル湘南茅ヶ崎 6スクリーン
1403席
1995年3月1日 W

新潟・北陸編集

劇場名 所在地 併設施設 規模 開館日 備考
新潟西[注 4] 新潟県新潟市西区 イオン新潟西店 9スクリーン
2160席
2000年10月20日 W
新潟南 新潟県新潟市江南区 イオンモール新潟南 9スクリーン
1702席
2007年10月26日 W
県央 新潟県燕市 イオン県央店 7スクリーン
1349席
1997年9月27日 W
金沢 石川県金沢市 イオン金沢店 8スクリーン
1758席
2000年4月21日 W
御経塚 石川県野々市市 イオン御経塚ショッピングセンター 8スクリーン
1661席
1998年3月14日 W
金沢フォーラス 石川県金沢市 金沢フォーラス 9スクリーン
1531席
2006年11月2日 A
新小松 石川県小松市 イオンモール新小松 7スクリーン
1075席
2017年3月24日

中部・近畿編集

劇場名 所在地 併設施設 規模 開館日 備考
松本 長野県松本市 イオンモール松本 8スクリーン
1086席
2017年9月21日 VIVE AUDIO導入劇場
富士宮 静岡県富士宮市 イオンモール富士宮 6スクリーン
909席
2010年11月19日 A
各務原 岐阜県各務原市 イオンモール各務原 10スクリーン
1694席
2007年7月28日 W
ワンダー 愛知県名古屋市西区 mozoワンダーシティ 10スクリーン
1882席
2000年11月3日 A
大高 愛知県名古屋市緑区 イオンモール大高 10スクリーン
1846席
2010年3月23日 W
IMAX(イオンシネマ初)、D-BOX導入劇場
名古屋茶屋 愛知県名古屋市港区 イオンモール名古屋茶屋 12スクリーン
1792席
2014年6月27日 ULTIRA、D-BOX
DOLBY ATMOS導入劇場
豊川 愛知県豊川市 イオン豊川店 7スクリーン
1771席
1998年9月22日 W
岡崎 愛知県岡崎市 イオンモール岡崎 10スクリーン
1342席
2008年11月28日 A
長久手 愛知県長久手市 イオンモール長久手 10スクリーン
1569席
2016年12月9日 D-BOX、VIVE AUDIO導入劇場
常滑 愛知県常滑市 イオンモール常滑 9スクリーン
1071席
2017年7月12日 「げんきッズシアター」(国内初)導入劇場[13]
豊田KiTARA 愛知県豊田市 KiTARA 9スクリーン
1138席
2017年11月25日
桑名 三重県桑名市 イオンモール桑名 8スクリーン
1875席
1995年3月24日 W
三重県津市 イオン津ショッピングセンター 7スクリーン
1589席
2000年12月15日 W
鈴鹿 三重県鈴鹿市 イオンモール鈴鹿 8スクリーン
1670席
2003年7月12日 W
東員 三重県員弁郡東員町 イオンモール東員 10スクリーン
1655席
2013年11月23日
津南 三重県津市 イオンモール津南 9スクリーン
1341席
2018年11月9日 ULTIRA、VIVE AUDIO導入劇場
近江八幡 滋賀県近江八幡市 イオン近江八幡ショッピングセンター 8スクリーン
1762席
2000年10月6日 W
THX導入劇場
草津 滋賀県草津市 イオンモール草津 9スクリーン
1556席
2008年11月26日 W
高の原 京都府木津川市 イオンモール高の原 9スクリーン
1639席
2007年4月26日 W
久御山 京都府久世郡久御山町 イオンモール久御山 8スクリーン
1844席
1999年6月29日 A
京都桂川 京都府京都市南区向日市 イオンモール京都桂川 12スクリーン
2064席
2014年10月17日 4DX、ULTIRA
DOLBY ATMOS導入劇場
りんくう泉南 大阪府泉南市 イオンモールりんくう泉南 8スクリーン
1797席
2004年11月12日 W
茨木 大阪府茨木市 イオンモール茨木 10スクリーン
2100席
2001年1月1日 W
THX導入劇場
大日 大阪府守口市 イオンモール大日 8スクリーン
1679席
2006年9月21日 W
四條畷 大阪府四條畷市寝屋川市 イオンモール四條畷 11スクリーン
1663席
2015年10月23日 4DX、VIVE AUDIO導入劇場
明石 兵庫県明石市 イオン明石ショッピングセンター 7スクリーン
1796席
1997年10月23日 W
三田ウッディタウン 兵庫県三田市 イオン三田ウッディタウン 7スクリーン
1555席
2000年11月1日 W
加古川 兵庫県加古川市 イオン加古川店 8スクリーン
1541席
2001年1月26日 W
西大和 奈良県北葛城郡河合町 イオン西大和店内 7スクリーン
1318席
2000年12月1日 W
和歌山 和歌山県和歌山市 イオンモール和歌山 10スクリーン
1773席
2014年3月16日 ULTIRA、D-BOX
DOLBY ATMOS導入劇場

中国・四国編集

劇場名 所在地 併設施設 規模 開館日 備考
岡山 岡山県岡山市北区 イオンモール岡山 11スクリーン
1973席
2014年12月5日 ULTIRA、D-BOX
GRAN THEATER、DOLBY ATMOS導入劇場
広島 広島県広島市南区 広島段原ショッピングセンター 7スクリーン
1311席
1997年10月1日 W
広島西風新都 広島県広島市佐伯区 THE OUTLETS HIROSHIMA 9スクリーン
1389席
2018年4月27日 ULTIRA、VIVE AUDIO
4Kプロジェクター導入劇場
防府 山口県防府市 イオン防府店 7スクリーン
1678席
1999年3月1日 W
高松東[注 5] 香川県高松市 イオン高松東店 7スクリーン
1466席
1999年3月16日 W
綾川 香川県綾歌郡綾川町 イオンモール綾川 9スクリーン
1488席
2008年7月23日 W
宇多津 香川県綾歌郡宇多津町 イオンタウン宇多津 7スクリーン
1236席
2015年10月24日 宇多津ビブレ内にあった旧店舗(後述)と
同一の場所・建物に再開業した2代目店舗である。
今治新都市 愛媛県今治市 イオンモール今治新都市 7スクリーン
1010席
2016年6月25日
徳島 徳島県徳島市 イオンモール徳島 9スクリーン
1346席
2017年4月27日 MX4D(イオンシネマ初)、ULTIRA
DTS:X、Vsound導入劇場(常設国内初)

九州編集

劇場名 所在地 併設施設 規模 開館日 備考
大野城 福岡県大野城市 イオン大野城ショッピングセンター 8スクリーン
1661席
1998年11月14日 W
戸畑 福岡県北九州市戸畑区 イオン戸畑ショッピングセンター 8スクリーン
1706席
1999年3月1日 W
THX導入劇場
福岡 福岡県糟屋郡粕屋町 イオンモール福岡 9スクリーン
2043席
2004年6月4日 W
THX導入劇場
筑紫野 福岡県筑紫野市 イオンモール筑紫野 9スクリーン
1509席
2008年12月5日 W
4DX導入劇場
熊本 熊本県上益城郡嘉島町 イオンモール熊本 8スクリーン
1750席
2005年10月10日 W
佐賀大和 佐賀県佐賀市 イオンモール佐賀大和 8スクリーン
1479席
2001年7月20日 A

撤退した劇場編集

ここではイオンエンターテイメントに統合後に閉館した店舗について述べる。

  • ユーカリが丘(千葉県佐倉市YOU!PLA内)<8スクリーン、1494席、1999年3月6日開館、2018年5月31日[14]閉館> W
    • 閉館後の劇場は佐々木興業株式会社に引き継がれ、2018年6月15日より「シネマサンシャインユーカリが丘」として再開業した[15]
  • つきみ野(神奈川県大和市イオンつきみ野店内) <9スクリーン、2053席、2000年11月9日開館、2018年2月28日閉館> W、THX導入劇場
    • 入居していた「イオンつきみ野店」の建替による閉館に伴い、2018年2月28日に同時閉館。建替後はイオン縮小により、イオンシネマは撤退。
  • 宇多津(初代)(香川県綾歌郡宇多津町、宇多津ビブレ内) <7スクリーン、1236席、1994年3月20日開館、2014年3月16日閉館> W
    • 入居していた「宇多津ビブレ」の閉館に伴い、2014年2月28日に同時閉館する予定だったが、延長された。
    • 四国地方初のイオン系シネマコンプレックスだったが、イオンエンターテイメントに統合後、初めての閉館となる。
    • 宇多津ビブレ跡地にイオンタウン宇多津がオープンすることから、前述の通り、再びイオンシネマが開館することになった(同じ建物での再開)。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ マイカル(2011年にイオンリテールに吸収合併)の傘下から離れた商業施設に引き続き出店している劇場(弘前・北上・福島)も含む。
  2. ^ イオンシネマ統合時に「新石巻」から改称。
  3. ^ 開業当初は7スクリーン・1360席だったが、2018年3月1日に2スクリーン・190席を増設した。
  4. ^ イオンシネマ統合時に「新潟」から改称。
  5. ^ イオンシネマ統合時に「高松」から改称。

出典編集

  1. ^ a b “2013/7/1(月) 新しいイオンシネマ誕生!”. http://wayback.archive.org/web/20130618191018/http://www.warnermycal.com/ac.html 2013年6月12日閲覧。 
  2. ^ 新社名及び劇場名のお知らせ (PDF) (株式会社ワーナー・マイカル/イオンシネマズ株式会社 2013年6月11日)
  3. ^ 統合後の新しいイオンシネマ公式サイト
  4. ^ 「ワーナー・マイカル・シネマズからのありがとうの 3 日間」6月28日(金)・29日(土)・30日(日)、全国 61 劇場(シネマトピックスオンライン 2013年6月26日)
  5. ^ “劇場名「イオンシネマ」に統一 7月合併で国内最大に”. 共同通信 (47NEWS). (2013年6月11日). http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061101001893.html 2016年2月2日閲覧。 
  6. ^ “国内初、シネコンがVOD配信事業に参入!” (PDF) (プレスリリース), イオンエンターテイメント株式会社, (2013年7月1日), http://www.aeoncinema.com/company/press/13/07/0701.pdf 2016年2月2日閲覧。 
  7. ^ “イオンエンターテイメントに公式キャラクターが誕生!” (PDF) (プレスリリース), イオンエンターテイメント株式会社, (2014年2月26日), http://www.aeoncinema.com/company/press/14/02/0226.pdf 2017年4月28日閲覧。 
  8. ^ 日本経済新聞マーケット(ニュースリリース) (PDF)
  9. ^ 日本経済新聞:イオン、ワーナー・マイカル完全子会社化を発表
  10. ^ 財経新聞:イオン、シネマコンプレックス運営大手ワーナー・マイカルの全株式を取得
  11. ^ 会社概要”. 株式会社ワーナー・マイカル. 2013年4月22日閲覧。
  12. ^ “イオンシネマ シアタス調布に「グランシアター」を導入” (PDF) (プレスリリース), イオンエンターテイメント株式会社, (2017年7月5日), http://www.aeoncinema.com/company/press/17/07/0705.pdf 2017年10月10日閲覧。 
  13. ^ “国内初の“遊べる映画館”「げんきッズシアター」が登場! 『イオンシネマ常滑』7月12日(水)グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), イオンエンターテイメント株式会社, (2017年6月27日), http://www.aeoncinema.com/company/press/17/06/0627.pdf 2017年7月23日閲覧。 
  14. ^ “「イオンシネマ ユーカリが丘」閉館に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオンエンターテイメント株式会社, (2018年4月11日), http://www.aeoncinema.com/company/press/18/04/0411.pdf 2018年5月16日閲覧。 
  15. ^ シネマサンシャイン ユーカリが丘 開業のお知らせpretimes(2018年4月11日)2018年5月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集