趙 玉盤(ちょう ぎょくばん、1099年[1] - 1141年)は、北宋徽宗の長女(第一子)。

経歴編集

端王趙佶(後の徽宗)の側室鄭氏(後の顕粛皇后)の長女として生まれた。端王が皇帝に即位後、建中靖国元年(1101年)5月29日、徳慶公主の位を授けられた。大観3年(1109年)2月、嘉福公主の位を改授された。

政和3年(1113年)4月15日、嘉福帝姫の位を改授された。政和5年(1115年)4月28日、嘉徳帝姫を再授され、間もなく左衛将軍曾夤に降嫁した。

靖康の変後、に連行され、宋王完顔宗磐の側室となった。金の天会8年(1130年)6月、玉盤は次婦(妾妻)の位を授けられた。

金の天眷2年(1139年)7月、完顔宗磐が処刑された。その後、完顔希尹は玉盤を熙宗に献じた。天眷3年12月(1141年1月)、玉盤は死去した。夫人の位を追贈された。

子女編集

  • 女子 - 南宋で徐公選に嫁した[2]
  • 女子 - 南宋で胡邁に嫁した[3]
  • 女子 - 金で完顔撻撻(完顔希尹の三男)に嫁した[4]

いずれも曾夤との娘。

逸話編集

  • 完顔撻撻(玉盤の三女の夫)は、勇猛だが横暴であった。天眷2年(1139年)7月、熙宗に処刑命令を下され、撻撻は完顔宗磐を自ら手にかけて殺した。その後、宗磐の未亡人(玉盤?)を犯した。完顔希尹は家に帰り、次婦の李舜英(前夫は宋の和王趙栻)は文句を言った。希尹は怒り、撻撻は責罰され、玉盤を熙宗に献じた。

伝記資料編集

  • 『靖康稗史箋證』
  • 『宋会要輯稿』
  • 『皇長女特封徳慶公主制』
  • 『嘉福帝姫特改封嘉徳帝姫制』

脚注編集

  1. ^ 『開封府状』靖康二年(1127年)正月まで:「嘉徳帝姫28歳名玉盤。」「成徳帝姫(1108年生)18歳。」「太子諶(1117年生)10歳。」
  2. ^ 『宋会要輯稿』:「乾道七年九月十二日、詔嘉徳公主長女〔夫〕徐公選差主管台州崇道観。」
  3. ^ 『建炎要録』紹興26年(1156年):「右承務郎胡邁依旧忠訓郎。邁初用嘉徳帝姫女夫恩例補。」
  4. ^ 『燕人麈』:「去年誅宋王、撻撻奉詔手戮。因説其次婦、婦為玉盤帝姫故夫女。是歳元宵、循俗偸帰。及兀室帰自上京、次婦即和王妃愬「撻撻狂暴無人理、玉盤女所弗堪。」」