メインメニューを開く
鴻巣市箕田付近(2014年4月)

足立北部排水路(あだちほくぶはいすいろ)は、埼玉県鴻巣市を流れる荒川水系の普通河川

概要編集

鴻巣市(旧北足立郡吹上町)大字小谷字弐耕地で、北側より流下する足立北部一号排水路と南側より流下する足立北部二号排水路が合流し、足立北部排水路となる。途中、武蔵水路伏越で交差、並行する。鴻巣市北中野地区で荒川左岸に合流する。水路の延長は2.3 km[1]、受益面積は、97.6 ha[1]である。管理団体は足立北部土地改良区である[1]。流域は低地で主に水田などの農地である。

橋梁・水門編集

これ以外にも無名の橋が存在する。

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『埼玉県市町村誌 第2巻 鴻巣市・上尾市・与野市・草加市・蕨市』22頁、埼玉県教育委員会、1972年3月31日。
  2. ^ 武蔵水路拠点整備 かわら版 第参号 (PDF) - 独立行政法人脱図資源機構、2013年12月15日、2015年8月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集