足立 昌勝(あだち まさかつ、1943年4月30日 - )は、日本法学者関東学院大学名誉教授。専攻は近代刑法成立史。東京都出身[1]

足立 昌勝
人物情報
生誕 1944年4月30日
東京都文京区湯島龍岡町
出身校 中央大学法学部
学問
研究分野 近代刑法成立史
称号 関東学院大学名誉教授
影響を
与えた人物
風早八十二 柿原篤弥
公式サイト
社会の鑑
テンプレートを表示

略歴編集

社会的活動編集

日本弁護士連合会刑事法制委員会の助言者を務め、神奈川県の市と町の個人情報保護審査会委員を務めている。

また、2002年5月20日に独立した東ティモールの国立東ティモール大学に法学部を創設する運動を行っている。

主な著書編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 「足立昌勝教授 略歴・業績目録」関東学院法学第23巻第4号(足立昌勝教授 退職記念号)

外部リンク編集