足立郵便局

東京都足立区にある郵便局

足立郵便局(あだちゆうびんきょく)は、東京都足立区千住曙町にある郵便局である。民営化前の分類では集配普通郵便局であった。局番号は01011。

Postal Mark w (Japan).svg 足立郵便局
Adachi postoffice.jpg
基本情報
正式名称 足立郵便局
前身 千住南組郵便取扱所
千住郵便局
局番号 01011
設置者 日本郵便株式会社
所在地 120-8799
東京都足立区千住曙町42番4号
位置 北緯35度44分36.2秒
東経139度48分41秒
貯金
店名 ゆうちょ銀行 代理店
保険
店名 かんぽ生命保険 代理店
特記事項
ゆうゆう窓口は24時間営業
ATMホリデーサービス実施
テンプレートを表示

概要編集

住所:〒120-8799 東京都足立区千住曙町42番4号

沿革編集

  • 1873年明治6年)4月17日 - 千住南組郵便取扱所として、東京府豊島郡(現・東京都荒川区南千住[1])に開設[2]
  • 1875年(明治8年)1月1日 - 千住南組郵便受取所となる[2]
  • 1876年(明治9年)3月 - 足立郡の千住郵便局の業務を引き継ぎ、千住南組郵便局(三等)となる。同年4月1日に貯金預所を、5月1日に為替取扱所を、それぞれ設置[2]
  • 1878年(明治11年)12月 - 千住郵便局に改称[2]。北豊島郡の一部、南葛飾郡の一部、南足立郡の全域の集配事務を受け持つ[1]
  • 1883年(明治16年)7月11日 - 千住郵便支局となる[2]
  • 1885年(明治18年)9月1日 - 郵便支局を廃止し、千住郵便局(四等)として再設置[2]
  • 1886年(明治19年)3月 - 集配三等局となる[1]
  • 1895年(明治28年)3月11日 - 千住郵便電信局と改称[2]
  • 1903年(明治36年)4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い千住郵便局となる[2]
  • 1906年(明治39年)7月6日 - 特定三等局になる[1]
  • 1911年(明治44年)11月1日 - 南足立郡千住町千住二丁目(現・足立区千住中居町[1])へ移転[2]
  • 1919年(大正8年)3月21日 - 二等局になる[1]
  • 1932年(昭和7年)10月1日 - 足立郵便局に改称[1]
  • 1932年(昭和7年)11月26日 - 荒川郵便局開局に伴い、荒川区三河島町および南千住町の受け持ち区域を同局に移管[1]
  • 1941年(昭和16年)2月1日 - 普通郵便局となる[1]
  • 1941年(昭和21年)10月 - 足立電話局開局に伴い電話事務(電信を除く)を移管[1]
  • 1961年(昭和36年)8月21日 - 足立郵便局保木間分室(足立北郵便局の前身)開室[1]
  • 1964年(昭和39年)11月16日 - 足立郵便局興野分室(足立西郵便局の前身)開室[1]
  • 1975年昭和50年)10月20日 - 足立区千住中居町から同区千住曙町へ移転[3]
  • 1995年平成6年)7月1日 - 外国通貨の両替および旅行小切手の売買に関する業務取扱を開始。
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、集配業務・ゆうゆう窓口の運営を郵便事業足立支店に移管。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 日本郵便株式会社発足に伴い、郵便事業足立支店を足立郵便局に統合。

取扱内容編集

周辺編集

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 足立区役所企画部広報課編 『改訂版 足立の歴史』
  2. ^ a b c d e f g h i 山口修監修 『全国郵便局沿革録 明治編』P119 日本郵趣出版 1980年12月28日発行
  3. ^ 昭和50年郵政省告示第724号(昭和50年10月18日付官報第14638号掲載)

外部リンク編集