軍団将軍

軍隊の階級

軍団将軍(ぐんだんしょうぐん)とはGénéral de corps d'amée (フランス語)の直訳で軍隊の階級の一つ。フランス革命方式による軍団長将官の呼称。軍将軍の下、師団将軍の上に位置するが、国によっては師団将軍の上位が軍将軍や旧欧州方式呼称での中将である例があるため、現在ではフランス、イタリア、キューバ、モルドバ等使用する国は限定的である。英呼称は直訳でArmy corps generalあるいはGeneral of army corpsとなる。北大西洋条約機構の階級符号(NATO階級符号)は基本的にOF-8で中将相当するが、但しイタリア陸軍および空軍の特別職にある軍団将軍は大将相当官としてOF-9の待遇となる。また、台湾陸軍および空軍の二級上将はOF-9相当官ながらフランス革命方式では本呼称を用い、軍将軍の呼称一級上将に用いられる。

フランス編集

 
第38軍団長、第5軍司令官等を歴任したミッチェラー将軍(左の人物)
 
第1、第39軍団長を歴任したデリグニー将軍

(准将#歴史も参照)

兵科最先任将官に与えられる称号である上級大将 (Colonel-général)は1830年以降叙任者がおらず、自然消滅の形で廃止され、1848年には大将 (Général en chef)も廃止されたため、当時中将位[1] · [2]であった師団将軍が1921年まで最高位であった。しかし、第一次世界大戦では軍集団までに規模が拡大し、また共同作戦を執る連合国各国との階級バランスも考慮せねはならず、臨時的措置として軍団長以上の者を右絵のように星章の上あるいは下に横棒を1本を付け加え[3]、呼称を『より高級部隊を保持する師団将軍 (Général de division ayant un commandement supérieur)』として大将位とした。戦後の1921年に本格的にこの事態に対処し得るよう、中将に役職に合わせて与えらる地位と称号 (rang et appellation)として大将 (Général commandant de corps d'armée)および上級大将 (Général commandant d'armée)を創設し、それぞれ4つ星および5つ星の階級章を定めた。現呼称には1939年に変更された。日本語での現呼称は第二次世界大戦後、NATO加盟国の人事バランスに合わせために呼び方を変えたためである。

イタリア編集

Generale di corpo d'armata(中将)
Generale di corpo d'armata con incarichi speciali(大将)
Generale di squadra aerea(中将)
Generale di squadra aerea con incarichi speciali(大将) 
Genrlale di corpo d'armata (中将)
Generale di corpo d'armata comandante generale (大将)
Genrlale di corpo d'armata (中将)
Generale di corpo d'armata comandante generale (大将)

陸軍中将の旧呼称はTenente generale in comando di corpo d'armataで1919年に改称、大将は1919年にTenente generale in comado d'armtaをGenerale designato d'armataと改称したものを1947年にさらに改称したものである。本階級は陸軍参謀総長や、NATOのブルンスム統連合軍司令官のような大将ポストに充てられている。一方、空軍大将の現呼称は1947年にGenerale designato d'armata aereaを改称したものである。

キューバ編集

General de cuerpo de ejército

陸軍空軍とも同じ呼称を用いる。スペイン語圏の国で唯一、本呼称を用いる。

階級章は陸軍、空軍とも共通。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ French ranks”. Over the Front. 2018年7月1日閲覧。
  2. ^ 『知っておきたい現代軍事用語 【解説と使い方】』78頁。「著」・高井三郎 「発行」・アリアドネ企画 「発売」・三修社 2006年9月10日。
  3. ^ Général de corps d'armée”. CAIRN INFO. 2017年6月1日閲覧。 (仏文)