メインメニューを開く

概要編集

設立当初のキューバ空軍はフルヘンシオ・バティスタ政権の下でアメリカ合衆国から少数機が購入された。

革命空軍は1959年のキューバ革命後、旧空軍の資器材を元に設立され、1961年のピッグス湾事件に出動し、キューバ危機後の1963年に革命空軍および防空軍DAFAAR)に改組される。1980年代にはソビエト連邦の援助を得て国外にて軍事作戦を展開する事となる。空軍は特にアフリカで活動し、戦闘機と輸送機はアンゴラ(対南アフリカ)やエチオピア(対ソマリア)に派遣された。

1990年代、キューバ空軍はラテンアメリカで最高水準の装備を整えた空軍であった。空軍は全部で230機の固定翼機を輸入した。現在ではこれらの内で稼動している正確な機体数は不明であるが、西側の分析者によれば少なくとも130機が13の基地に分散して運用されていると見積もられている。

1998年のDIAの報告書によれば、空軍は運用可能なMIG戦闘機は24機であるとした。パイロットの錬度はかろうじて維持できている水準とされる。戦闘機の出撃回数は減少し、航空攻撃に対応するために地対空ミサイルなどの防空砲兵部隊が迎撃戦闘機の代替をしている[1]

2007年のIISSの評価によれば、総員8,000人が所属し31機の戦闘機が運用可能であるとされ、他に179機を保有しているとされる。2007年時点で総員8,000人。パイロットの平均飛行時間は50時間/年[2]

組織編集

  • 西部空軍管区
    • 第3405執行連隊
    • 第23連隊
    • 第25輸送連隊
    • 第12連隊(低調)
    • 第14戦術連隊(低調)
    • 第15輸送連隊(低調)
    • 第16ヘリコプター連隊(低調)
    • 第21連隊(低調)
    • 第22連隊(低調)
    • 第24連隊(低調)
    • 第1724連隊(低調)
  • 東部空軍管区
    • 第1724迎撃連隊
    • 第3710迎撃・訓練飛行隊
    • 第34戦術連隊
    • 第26輸送連隊(低調)
    • 第31連隊(低調)
    • 第35輸送連隊(低調)
    • 第36ヘリコプター連隊(低調)

基地編集

  • サン・フリアン空軍基地(San Julian) - ピナール・デル・リオ州 カバニャス(Cabañas)西部空軍管区司令部
  • フランク・パイス空港(Frank País) - オルギン州 オルギン 東部空軍管区司令部
  • プラヤ・バラコア空港(Playa Baracoa) - ハバナ
  • ホセ・マルティ空港(José Martí) - ハバナ

活動が低調な基地編集

装備編集

航空機編集

固定翼機編集

作戦稼動機

稼動状況不明

輸送機(稼動状況不明分を含む)

稼動状況不明

練習機(稼動状況不明分を含む)

回転翼機編集

作戦稼動機

稼動状況不明

ミサイル編集

防空兵器編集

階級編集

日本語 スペイン語 NATO階級符号
士官
空軍中将 General de Cuerpo de Ejército  
空軍少将 General de División
空軍准将 General de Brigada   
空軍大佐 Coronel  
空軍中佐 Teniente Coronel  
空軍少佐 Mayor  
空軍大尉 Capitán  
空軍中尉 Primer Teniente
空軍少尉 Teniente
士官候補生 Subteniente   
下士官
1等下士官 Primer Suboficial  
2等下士官 Segundo Suboficial  
下士官 Suboficial
1等軍曹 Sargento de Primera
2等軍曹 Sargento de Segunda
3等軍曹 Sargento de Tercera
伍長 Cabo
兵卒
Soldado

脚注編集

  1. ^ ジェーン年鑑1998年3月13日
  2. ^ Military Balance 2007

参考文献編集

  • Christopher Langton, Military Balance 2007, Routledge

外部リンク編集