メインメニューを開く

輝石(きせき、pyroxene)は、ケイ酸塩鉱物の一種。多くの火成岩変成岩に含まれる代表的な造岩鉱物

色は無色・緑色・褐色・黒色などで、ガラス光沢を持つ。自形結晶は短柱状。二方向の劈開が顕著。角閃石によく似るが、劈開の交わる角度(約90°)により区別される。

基本的な化学組成は XY(Si,Al)2O6 (ただし、X はCa、Na、Fe2+、Zn、Mn、Mg、Li、Y はCr、Al、Fe3+、Mg、Mn、Sc、Ti、V、Fe2+)で表される。

結晶系により、斜方輝石(しゃほうきせき、orthopyroxene、斜方晶系)および単斜輝石(たんしゃきせき、clinopyroxene、単斜晶系)の2つに分類され、さらに上記の化学組成により細かく分類される。

英語: pyroxeneは、19世紀に火成岩中に見出された当初に、石英とは異なる異物質としてギリシャ語で「pyro-(火の、火成岩中の)」「xenon(おかしな異物)、キセノンの語源と同義」とよんだことによる[1]

目次

輝石の種類編集

1988年、国際鉱物学連合(IMA)の輝石命名の小委員会により、輝石の分類と命名が整理された。20種が輝石の独立種とされ、そのうち13種が固溶体端成分として用いられる。これらのうち、普通に見られるのは、Ca-Mg-Fe輝石8種(1-5、8-10)、Ca-NaおよびNa輝石4種(14-17)である。

I. Mg-Fe輝石

1. 頑火輝石(Enstatite、エンスタタイト)(En) : Mg2Si2O6
2. 鉄珪輝石(Ferrosilite、フェロシライト)(Fs) : Fe2+
2
Si2O6
3. 単斜頑火輝石(Clinoenstatite、単斜エンスタタイト)
4. 単斜鉄珪輝石(Clinoferrosilite、単斜フェロシライト)
5. ピジョン輝石(Pigeonite) : (Mg,Fe,Ca)2Si2O6

II. Mn-Mg輝石

6. ドンピーコー輝石(Donpeacorite、ダンピコライト)
7. 加納輝石(Kanoite)(Ka) : MnMgSi2O6

III. Ca輝石

8. 透輝石(Diopside)(Di) : CaMgSi2O6
9. 灰鉄輝石(Hedenbergite、ヘデンバージャイト)(Hd) : CCaFe2+Si2O6
10 普通輝石(Augite、オージャイト) : (Ca,Mg,Fe)2Si2O6
11. ヨハンセン輝石(Johannsenite、ヨハンセナイト)(Jo) : CaMnSi2O6
12. ピタダナイト(Petedunnite)(Pe) : CaZnSi2O6
13. エシネアイト(Esseneite)(Es) : CaFe3+AlSiO6
14. デイビス輝石(Davisite) : CaScAlSiO6

IV. Ca-Na輝石

15. オンファス輝石(Omphacite、オンファサイト)
16. エジリン普通輝石(Aegirine-augite、エジリン-オージャイト) : (Ca,Na)(Mg,Fe2+,Al,Fe3+)Si2O6

V. Na輝石

17. ひすい輝石(Jadeite、ジェイダイト)(Jd) : NaAlSi2O6
18: エジリン輝石(Aegirine、エジリン、錐輝石)(Ae) : NaFe3+Si2O6
19. コスモクロア輝石(Kosmochlor、コスモクロア)(Ko) : NaCr3+Si2O6
20. ジャービス輝石(Jervisite、ジャービサイト)(Je) : NaSc3+Si2O6

VI. Li輝石

21. リシア輝石(Spodumene、スポジュメン)(Sp) : LiAlSi2O6

その後、次の輝石が発見された。

廃棄された輝石名編集

使われなくなった輝石名には次のようなものがある。

  • ウルバン輝石(Urbanite) : マンガンと鉄に富む普通輝石あるいはエジリン普通輝石。
  • 古銅輝石(Bronzite) : 含鉄頑火輝石。
  • サーラ輝石(Salite) : 含鉄透輝石。
  • シェッフェル輝石(Schefferite) : 含マンガンサーラ輝石あるいはマンガンエジリン輝石。
  • 紫蘇輝石(Hypersthene) : 頑火輝石もしくは鉄珪輝石。
  • チタン輝石(Titanaugite) : 含チタン普通輝石。
  • 鉄サーラ輝石(Ferrosalite) : マグネシウムに富む灰鉄輝石。
  • ファッサ輝石(Fassaite) : 第二鉄およびアルミニウムに富む透輝石または普通輝石。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集