メインメニューを開く

辰市 祐英(たついち すけひで、1938年10月6日 - )は京都府京都市左京区出身の元プロ野球選手。選手時代の登録名は、辰市 邦輔(-くにすけ)。

辰市 祐英
基本情報
出身地 日本の旗 日本 京都府 京都市 左京区
生年月日 (1938-10-06) 1938年10月6日(81歳)
身長
体重
171 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1957年
初出場 1957年
最終出場 1959年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

立命館高等学校では2年生の時、エース富永格郎らとともに、四番打者、二塁手として1955年夏の甲子園に出場。準決勝に進むが坂出商に1-2で敗退した[1]

1957年大阪タイガースに入団。1958年のシーズン中盤には浅越桂一に代り二塁手の定位置を獲得。主に一番打者として35試合に先発出場を果たす。しかしその後は鎌田実が台頭し、1959年限りで現役引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1957 阪神 4 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1958 46 137 123 19 26 4 1 1 35 5 10 2 2 1 9 0 2 23 0 .211 .276 .285 .561
1959 44 92 86 11 19 6 0 1 28 4 4 1 1 0 5 0 0 13 0 .221 .264 .326 .589
通算:3年 94 230 210 31 45 10 1 2 63 9 14 3 3 1 14 0 2 36 0 .214 .270 .300 .570

背番号編集

  • 39(1957年 - 1958年)
  • 4(1959年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集