メインメニューを開く

逃走車』(とうそうしゃ、原題:Vehicle 19)は、ムクンダ・マイケル・デュウィルが監督し、ポール・ウォーカーが主演した2013年アメリカ合衆国アクション映画

逃走車
Vehicle 19
監督 ムクンダ・マイケル・デュウィル英語版
脚本 ムクンダ・マイケル・デュウィル
製作 ピーター・サフラン
ライアン・ヘイダリアン
製作総指揮 ポール・ウォーカー
エディ・ムンバロ
ジェフリー・ケーナ
バジル・フォード
出演者 ポール・ウォーカー
ナイマ・マクリーン
音楽 ジェームズ・マッテス
ダニエル・マッティー 
撮影 マイルズ・グッドール
編集 ミーガン・ギル
配給 日本の旗アスミック・エース
公開 南アフリカ共和国の旗 2013年2月7日
アメリカ合衆国の旗 2013年6月14日
日本の旗 2013年2月23日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 南アフリカ共和国
言語 英語
興行収入 2730万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

仮釈放中のアメリカ人のマイケルは、別れた妻アンジーとよりを戻したいため、南アフリカ共和国ヨハネスブルグまで逢いに来る。空港で予約と違う車が手配されていたが、取り替えに時間がかかると思い先を急ぐ事にした。途中マイケルは、車内で携帯電話と拳銃を発見する。その携帯に、とつぜん刑事を名乗る男から電話があり、手違いで車が入れ替わったので、すぐに交換してほしいと言う。マイケルは、指定された場所に向かう途中、後部座席の奥に縛られ気を失っている女を発見する。彼女はレイチェル検事と言い、組織的な人身売買の犯罪を警察所長のベンローズがやっている証拠をつかんだと言う。犯罪は警察上層部にも及び、警察から殺害されそうになっているので力を貸して欲しいとマイケルに願う。しかし別れた妻との復縁に焦り、しかも半信半疑のマイケルは、事件に関わってる時間はないとばかりに無視して指定場所に向かう。しかし、その指定場所に行くと何者かにいきなり発砲され、謎の車に追いかけられ殺されそうになる。なんとか逃れたものの、大きな事件に巻き込まれたことに気づいたマイケルは、今度は妻のアンジーに危害が及ぶ事を心配し、レイチェルの警告を無視してアンジーの待つアメリカ大使館へ向かうが、警官がすでに先回りしていた。

アンジーは大使館の中に逃げ込み助かるが、レイチェルは撃たれて瀕死の重傷を負う。死を覚悟したレイチェルは、携帯電話に犯罪の証拠となる証言を吹き込み、息を引き取る。 レイチェルの死に怒り、ラジオでレイチェル殺しの犯人として指名手配されている事を知ったマイケルは、信用できると聞いていたムジカ判事に連絡を取り、証拠のテープを渡したいと告げる。裁判所にくれば射殺されるだけなので、ムジカ判事は場所を変えようとするが、携帯電話の充電が切れ不通となる。マイケルは強行突破する事を決心し、裁判所へと向かう。街中の警察の追跡を爆走してふりきり裁判所の前迄くるが、そこは堅くガードされていて、ついに包囲されてしまう。それでも隙を見て突入し、テレビ中継中のアナウンサーを人質に取り、ムジカ判事を呼ぶように叫ぶ。そこに犯人の一味のスミス刑事が現れ要求をつっぱね、人質のテレビ中継用のマイクをマイケルが使おうとしたため発砲する。弾は急所を外れ、おかしいと思った正義の警察官がスミス刑事を制する中、マイクからレイチェルの証言が流れていった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

制作編集

撮影は、全編がポール・ウォーカーが乗り込む車内搭載カメラで撮影されている。したがって車の中から見たアングルでストーリーが続き、場面もほとんどは車の中である[2]

なを、この映画で初めてプロデューサーを務めた主演のポール・ウォーカーは、作品が公開された2013年に交通事故で死亡している[3]。公式に制作に関わった映画はこの作品だけとなる。

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報」2014年2月下旬決算特別号 211頁
  2. ^ 『逃走車』ポール・ウォーカー インタビュー2013年2月27日、MOVIE Collection、2014年11月3日閲覧
  3. ^ 米俳優ウォーカー氏、車の衝突事故で死亡 映画「ワイルド・スピード」2013年12月2日、朝日新聞デジタル、2014年11月3日閲覧

外部リンク編集