メインメニューを開く

逢坂 浩司(おうさか ひろし、1963年6月20日 - 2007年9月24日)は、日本の男性アニメーターキャラクターデザイナーイラストレーターである。大阪府寝屋川市出身。嵯峨美術短期大学(現在の京都嵯峨芸術大学短期大学部)卒業。

おうさか ひろし
逢坂 浩司
別名義 才谷梅太郎
大阪太郎
生年月日 (1963-06-20) 1963年6月20日
没年月日 (2007-09-24) 2007年9月24日(44歳没)
出生地 日本の旗 日本 大阪府寝屋川市
職業 アニメーター
キャラクターデザイナー
イラストレーター
ジャンル アニメーション
活動期間 1983年 - 2007年
主な作品

キャラクターデザイン
機動戦士Vガンダム
機動武闘伝Gガンダム
機巧奇傳ヒヲウ戦記
獣王星

アニメーションディレクター
天空のエスカフローネ
テンプレートを表示

別名義として、才谷梅太郎大阪太郎がある。

略歴編集

谷口守泰に師事。1983年、短大生の頃からアルバイトで、谷口が主宰する作画スタジオ「アニメアール」においてサンライズ製作のアニメに参加。

毛利和昭加瀬政広貴志夫美子吉田徹柳沢まさひで沖浦啓之黄瀬和哉らとアニメアール黄金期を彩ったスター・アニメーターの1人。またアール時代の後輩、木村貴宏は逢坂を師匠と仰いでいた。

1991年にアニメアールを退社。フリーランスのアニメーターとしてサンライズの作品を中心に活動した後、アールの後輩、小森高博とともにボンズの設立に携わり、1998年取締役に就任。

またボンズ取締役就任までの間、才谷梅太郎名義で京都アニメーションの制作作品に数多く参加し、同社若手人材育成にも寄与していた。[1]

この他、1999年の第4回アニメーション神戸では実践型ワークショップの講師を務めた[2]

高校生当時からアニメーターになると公言し、その世界に入って成功した人物である。高校時代から『機動戦士ガンダム』やあだち充作品に傾倒し、あだち充作品の模写を残している。そのためか、ソフトな画風が特徴である。

2007年の春頃より体調が思わしくなく、寝屋川市の実家と病院にて療養中だったが、同年9月24日のため、寝屋川市内の病院にて死去した。遺作はテレビアニメ『天保異聞 妖奇士[3]。44歳没。その訃報は各新聞の全国版でも伝えられ、多くのファンが哀悼の意を示した。

没後、杉並アニメーションミュージアムで追悼展示会[3][4]が、京都国際マンガミュージアムで追悼展示会[5][6]がそれぞれ開催されている。

命日から1年後の2008年9月24日には、画集『逢坂浩司イラスト&ワークス』 (ISBN 4048542192) が発売された。

参加作品編集

テレビアニメ編集

1983年

1984年

1985年

1987年

1988年

1989年

1990年

1993年

1994年

1995年

1996年

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2006年

  • 獣王星キャラクターデザイン・総作画監督・作画監督・OP/ED)
  • 桜蘭高校ホスト部(レイアウト作画監督・原画)
  • 天保異聞 妖奇士(ゲストキャラデザイン・キャラクター監修・作画監督・作画監督協力・原画・OP) 

OVA編集

1985年

1986年

1987年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

2005年

劇場アニメ編集

1989年

1990年

  • シティーハンター ベイシティーウォーズ(原画)

1992年

1993年

1995年

1996年

1998年

2000年

2001年

2002年

2005年

ゲーム編集

1994年

1995年

1999年

2002年

2003年

2005年

漫画編集

  • ヒーリング・ラミネーター ジュン(アニメーションRE誌上に連載。同誌休刊により中断)

脚注編集

  1. ^ 小川 みずえ - アニメアール出身の小川瑞江談
  2. ^ ワークショップ - 第4回アニメーション神戸
  3. ^ a b 『ガンダム』『ビバップ』手掛けた名アニメーター 逢坂浩司追悼展が開催中 - マイナビニュース
  4. ^ アニメーター・逢坂浩司追悼展示会 (PDF) 広報すぎなみ No.1827号 2007年11月21日付
  5. ^ アニメーター・逢坂浩司追悼展示会 - 京都国際マンガミュージアム
  6. ^ 「追悼展示会 アニメーター・逢坂浩司」 - インターネットミュージアム

外部リンク編集