連邦議会 (ミャンマー)

連邦議会(れんぽうぎかい、ビルマ語: ပြည်ထောင်စု လွှတ်တော်, Pyidaungsu Hluttaw)は、ミャンマー立法府である。

連邦議会
ပြည်ထောင်စု လွှတ်တော်
Pyidaungsu Hluttaw
第2期議会(2016年 - 2021年)
第3期議会(2021年 - 2026年)
紋章もしくはロゴ
種類
種類
議院民族代表院英語版上院
人民代表院英語版下院
歴史
設立2011年1月31日 (2011-01-31)
前身人民議会英語版 (1974-1988)
役職
ティ・クン・ミャ英語版(無所属)、
2018年8月1日より現職
ティ・クン・ミャ英語版(無所属)、
2018年3月22日より現職
タン・テイ英語版連邦団結発展党)、
2016年8月23日より現職
構成
定数664
224(民族代表院)
440(人民代表院)
2015 Amyotha Hluttaw Parliament.svg
上院院内勢力
2015 Pyithu Hluttaw Parliament.svg
下院院内勢力
選挙
小選挙区制 (168)
軍司令官による指名 (56)
小選挙区制 (330)
軍司令官による指名 (110)
前回上院選挙
2020年11月8日
前回下院選挙
2020年11月8日
Myanmar-Lower-House-Parliament.jpg
ミャンマーの旗 ミャンマー連邦共和国ネピドー
連邦議会議事堂
ウェブサイト
www.myanmarparliament.gov.mm
憲法
ミャンマー連邦共和国憲法

前史編集

ミャンマーでは1947年に最初の連邦議会英語版(Union Parliament)が設置されたが、1962年ネ・ウィンクーデター英語版で廃止された。次いで、1974年ビルマ連邦社会主義共和国が発足すると人民議会英語版が新たに設置されたが、1988年にクーデターが起きると国家平和発展評議会の統治下で事実上廃止状態となった。その後、2008年制定の憲法に基づいて2011年に現行の連邦議会(Assembly of the Union)が設置され、今日に至っている。

議会構成編集

2011年設置の連邦議会は二院制を採用し、上院にあたる民族代表院英語版と、下院にあたる人民代表院英語版で構成される[1]。他国にない特徴として、全議席の1/4に相当する議員がミャンマー軍(国軍)の指名によって選出される点がある。

任期編集

5年。

定数編集

各々の議員定数の4分の1は、国軍司令官により指名される。

  • 民族代表院:224人。うち56人が軍司令官による指名枠。
  • 人民代表院:440人。うち110人が軍司令官による指名枠。

脚注編集

参考資料編集

外部リンク編集