メインメニューを開く

サン・セバスティアン国際映画祭

サン・セバスティアン国際映画祭 (スペイン語: Festival Internacional de cine de Donostia-San Sebastiánバスク語: Donostiako Nazioarteko Zinemaldia) は、スペインバスク州ギプスコア県サン・セバスティアンで毎年9月に開催される映画祭

サン・セバスティアン国際映画祭
San Sebastián International Film Festival
2005年 (第53回) の映画祭会場
2005年 (第53回) の映画祭会場
イベントの種類 映画祭
正式名称 サン・セバスティアン国際映画祭
開催時期 毎年9月下旬
初回開催 1953年
公式サイト
備考
FIAPF公認の国際映画祭

歴史編集

1952年、スペイン語映画を称えることを意図して映画祭が創設された。1955年には他言語の映画も選考に参加する資格を得て、この時からカラー映画専門の映画祭となった。1957年には国際映画製作者連盟(FIAPF)公認(Aカテゴリー)の国際映画祭となり、監督賞などが授与されなかった1980年から1984年を除き、継続してAカテゴリーに認定されている。クルサール国際会議場・公会堂を主会場とし、ビクトリア・エウヘニア劇場、ベロドローム・デ・アノエタ(自転車競技場)などで開催される。映画祭に参加する俳優や監督はマリア・クリスティーナ・ホテルなどに滞在することで知られる。最優秀映画賞はコンチャ・デ・オロスペイン語版(黄金の貝殻賞) である。

部門編集

  • コンペティション部門
    • 国際映画製作者連盟(FIAPF)に規定によれば、近年に製作され、他の映画祭で公開されていない映画がコンペティション部門を争う。
  • 新人監督部門
    • 1作目もしくは2作目の監督。
  • オリソンテス・ラティーノ部門
  • 真珠部門
    • 過去1年以内に他の国際映画祭で公開された最優秀作品。
  • サバルテギ部門
  • スペイン製作部門
  • シネミラ部門
  • 回顧部門
  • 荒々しい映画部門
  • ベロドローム部門
  • 国際映画学生集会部門

編集

コンペティション部門で選出される賞には以下がある。

  • 最優秀映画賞(コンチャ・デ・オロ)
  • 審査員特別賞
  • 監督賞(シルバー・シェル)
  • 男優賞(シルバー・シェル)
  • 女優賞(シルバー・シェル)
  • 撮影賞(審査員賞)
  • 脚本賞(審査員賞)

功労賞(名誉賞)としてドノスティア賞がある。

新人監督部門、オリソンテス・ラティーノ部門など各部門ごとに選出される賞には以下がある。この他にも様々な賞が授与されている。

  • 新人監督賞
  • 新人監督賞 特別表彰
  • オリソンテス賞
  • オリソンテス賞 特別表彰
  • 異なる視点賞
  • 異なる視点賞 特別表彰
  • バスク映画賞
  • 観客賞
  • 観客賞 最優秀ヨーロッパ映画
  • 国際映画批評家連盟賞
  • セバスティアヌ賞[1]

最優秀映画賞受賞作品編集

開催年 題名
原題
監督 製作国
1985 Yesterday ラドスワフ・ピポバルスキー   ポーランド
1986 天国の半分
La Mitad del Cielo
マヌエル・グティエレス・アラゴン   スペイン
1987 ガリレアの婚礼
Noce en Galilee
ミシェル・クレイフィ   イスラエル/  フランス/  ベルギー
1988 On the Black Hill アンドリュー・グリーヴ   イギリス
1989 天使が降りたホームタウン
Homer And Eddie
アンドレイ・コンチャロフスキー   アメリカ合衆国
地下の民
Nación clandestina
ホルヘ・サンヒネス   ボリビア
1990 Las Cartas de Alou モンチョ・アルメンダリス   スペイン
1991 Alas de mariposa Juanma Bajo Ulloa   スペイン
1992 Lugar en el mundo アドルフォ・アリスタライン   アルゼンチン/  スペイン/  ウルグアイ
1993 Principio y fin アルトゥーロ・リプステイン   メキシコ
Sara ダリウシュ・メールジュイ   イラン
1994 時間切れの愛
Dias Contados
イマノル・ウリベ   スペイン
1995 死の愛撫
Margaret's Museum
モート・ランセン   イギリス/  カナダ
1996 Trojan Eddie ギリーズ・マッキノン   イギリス/  アイルランド
Bwana イマノル・ウリベ   スペイン
1997 最後の賭け
Rien ne va plus
クロード・シャブロル   フランス/  スイス
1998 El Viento se llevó lo qué アレハンドロ・アグレスティ   アルゼンチン/  フランス/  オランダ/  スペイン
1999 うつくしい人生
C'est quoi la vie?
フランソワ・デュペイロン   フランス
2000 La Perdición de los hombres アルトゥーロ・リプステイン   メキシコ/  スペイン
2001 Taxi para tres Orlando Lübbert   チリ
2002 月曜日にひなたぼっこ
Los lunes al sol
フェルナンド・レオン・デ・アラノア   スペイン/  フランス/  イタリア
2003 ガン・シャイ
Schussangst
ディト・ツィンツァジェ   ドイツ
2004 亀も空を飛ぶ
Kûsiyan jî dikarin bifirin
バフマン・ゴバディ   イラン/  フランス/  イラク
2005 Stestí ボフダン・スラーマ   チェコ  ドイツ
2006 半月
Niwemang
バフマン・ゴバディ   イラン/  フランス/  イラク/  オーストラリア
私の息子
Mon fils à moi
マルシャル・フジュロン   フランス
2007 千年の祈り
A Thousand Years of Good Prayers
ウェイン・ワン   アメリカ合衆国
2008 Pandoranin kutusu イェシム・ウスタオウル   トルコ/  フランス/  ドイツ/  ベルギー
2009 南京!南京! 陸川   中国
2010 NEDS ピーター・ミュラン   イギリス/  フランス/  イタリア
2011 Los pasos dobles Isaki Lacuesta   スペイン/  スイス
2012 危険なプロット
Dans la maison
フランソワ・オゾン   フランス
2013 Bad Hair
(Pelo Malo)
Mariana Rondón   ベネズエラ/  ペルー/  ドイツ
2014 マジカル・ガール
Magical Girl
カルロス・ベルムト英語版   スペイン
2015 Sparrows ルナー・ルナーソン   アイルランド/  デンマーク/  クロアチア
2016 わたしは潘金蓮じゃない
我不是潘金莲
フォン・シャオガン   中国

脚注編集

  1. ^ LGBTをテーマとした最優秀映画に与えられる。

外部リンク編集