メインメニューを開く

道の駅伊勢志摩

三重県志摩市にある国道167号の道の駅

道の駅伊勢志摩(みちのえき いせしま)は、三重県志摩市磯部町穴川にある国道167号道の駅である。

伊勢志摩

Road Station Iseshima.jpg

所在地 517-0213
三重県志摩市
磯部町穴川511-5
座標
登録路線 国道167号
登録回 第16回 (24012)
登録日 2000年8月18日
開駅日 2001年4月20日[1]
営業時間 9:00 - 18:00
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
テンプレート プロジェクト道の駅

2006年(平成18年)より指定管理者制度を導入し、伊勢志摩物産館協同組合が指定管理者として運営していたが、志摩市議会は同組合による休憩スペースでの物販や、トイレの衛生問題を理由に指定管理業務の延長を否決したため、2015年(平成27年)度は臨時職員を雇用して志摩市の直接運営に切り替えた[2]

主な施設編集

  • 駐車場
    • 普通車:19台
    • 大型車:2台
    • 身体障害者用:1台
  • トイレ(いずれも24時間利用可能)
    • 男:大 3器、小 7器
    • 女:7器
    • 身体障害者用:1器
  • 公衆電話
  • 情報コーナー
  • 伊勢志摩物産館「ささゆりの郷」
  • サンアール磯部(場外勝馬投票券発売所
  • 志摩観光農園(隣接施設)
    • 伊勢志摩ゆりパークの後継施設として2009年(平成21年)7月19日開園。指定管理者の志摩観光農園が運営している。面積4.4ha、2015年度の来園者数は約2万人[3]シバザクラを呼び物とする[4]。入園料はシバザクラの咲く季節のみ500円を徴収していた[4]が、2016年より通年で有料化(高校生以上100円、中学生以下無料)した[3]

過去に存在した施設編集

  • 伊勢志摩ゆりパーク(隣接施設)
    • 開園期間:4月下旬 - 7月上旬、9:00 - 17:00
    • 地元の農家で結成された有限会社アスセナが運営していたが、累積債務が1億4千万円に達し破綻した[5]

休館日編集

  • 年中無休

利用者数の推移編集

利用者数
年度 人数
2005年
  
273,789
2006年
  
250,663
2007年
  
254,895
2008年
  
209,154
2009年
  
221,641
2010年
  
237,893
2011年
  
218,079
2012年
  
216,203
2013年
  
245,428
2014年
  
218,240
2015年
  
241,383
2016年
  
249,484
2017年
  
261,292
2018年
  
293,319
観光レクリエーション入込客数(全国基準)による[6][7]

道路編集

周辺観光地編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『磯部町50年のあゆみ 町制施行50周年記念誌』(三重県磯部町、2005年、23ページ)
  2. ^ 「来月から1年間 市が直営の方針 道の駅伊勢志摩」朝日新聞2015年3月26日付朝刊、三重版33ページ
  3. ^ a b 安永陽祐「観光農園 有料化し開園 志摩 7種類の花 中旬見頃」中日新聞2016年4月5日付朝刊、伊勢志摩版14ページ
  4. ^ a b 「日本一早いシバザクラ 運営計画発表 市民参加型施設に」中日新聞2009年7月19日付朝刊
  5. ^ (三重)伊勢志摩ゆりパーク 後継者探し難航 - 中部発YOMIURI ONLINE
  6. ^ 志摩市観光振興計画(案)”. 志摩市 (2015年2月). 2016年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月2日閲覧。
  7. ^ 平成30年 志摩市観光統計”. 志摩市 (2019年). 2016年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集