道の駅寒河江

山形県寒河江市にある国道112号の道の駅

道の駅 寒河江チェリーランド(みちのえき さがえチェリーランド)は、山形県寒河江市にある国道112号の東北最大規模を誇る道の駅である。愛称はチェリーランド

道の駅 寒河江 チェリーランド
チェリーランド
道の駅 寒河江
所在地
990-0523
山形県寒河江市
大字八鍬字川原919-8
座標 北緯38度23分56秒 東経140度16分16秒 / 北緯38.3989度 東経140.2711度 / 38.3989; 140.2711座標: 北緯38度23分56秒 東経140度16分16秒 / 北緯38.3989度 東経140.2711度 / 38.3989; 140.2711
登録路線 国道112号
登録回 第1回 (06003)
登録日 1992年5月2日
開駅日 1993年4月22日
営業時間 9:00 - 18:00
(10月 - 3月)9:00 - 17:30
外部リンク
テンプレート プロジェクト道の駅
施設
さくらんぼ会館
トルコ館

1992年(平成4年)5月2日に「チェリーランド」としてグランドオープン[1]総合保養地域整備法(リゾート法)の1つである「蔵王・月山地域リゾート構想」の一環でもある。

1993年(平成5年)4月22日に道の駅に登録された。チェリーランドさがえ、さくらんぼ会館、トルコ館、イベント広場、国際チェリーパークなどを総称してチェリーランドと呼ぶ。

オープンから30年が経過し施設の一部は老朽化も進んでいる為、周辺一帯を「交流拡大」「アクティビティー」「健康増進」の3エリアに区分して再整備計画を実行中。

チェリードームとイベント広場は解体し(2022年5月27日現在 解体済み)新たに次世代子育てステーション(敷地面積23,612.45㎡)(延床面積2,000,00㎡)、グランピング施設、オートキャンプ場、さくらんぼ種飛ばしコース、駐車場などを新設し24年4月にリニューアルオープン予定。

20年12月20日県内では初めて道の駅ピアノ設置。

21年3月20日には道の駅内に1年中サクランボが食べられる『cherry cafe chou chou(チェリーカフェシュシュ)』オープン。

施設編集

施設の情報は公式ホームページより

  • 駐車場
    • 普通車:300台(2024年4月拡張予定)
    • 大型車:30台(2024年4月拡張予定)
    • バリアフリー用:4台(2024年4月拡張予定)
  • トイレ (いずれも24時間利用可能)
    • 男:大 6器、小 15器
    • 女:16器
    • 身障者用:2器
    • ※別途館内にもあり(営業時間内のみ使用可能)
  • レストラン
  • cherry cafe chou chou(チェリーカフェ シュシュ)
  • 山形県お土産センター
  • さくらんぼ会館(さくらんぼ資料館)
  • 道の駅ピアノ
  • トルコ
  • 臨川亭(茶室
  • JAさがえ西村山 チェリーランド店
  • 河川敷公園
  • EV充電器
  • フリーWi-Fi
  • グランピング施設(2024年4月オープン予定)
  • オートキャンプ場(2024年4月オープン予定)
  • さくらんぼ種飛ばしコース(2024年4月オープン予定)
  • 次世代子育てステーション(2024年4月オープン予定)

休館日編集

  • 無休

アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 寒河江市チェリーランドに関する条例”. 寒河江市 (1992年3月25日). 2015年12月5日閲覧。〔1992年3月25日に寒河江市チェリーランドに関する条例が成立し、5月1日に施行された。〕

関連項目編集

外部リンク編集