メインメニューを開く
Es(=S) - E - A
(「海」のモチーフ)

遠い呼び声の彼方へ! 』(: Far calls. coming, far! ) は、武満徹民主音楽協会の委嘱により1980年に作曲した、ヴァイオリン管弦楽のための作品。第29回尾高賞を受賞した。

目次

概要編集

タイトルは、ジェイムズ・ジョイスの小説『フィネガンズ・ウェイク』の最後のパラグラフ "Far calls. Coming,far!" からとられている。武満はダブリン市を流れるリフィー河が海に入る光景のイメージから、「ヴァイオリンが調性の海に流れ込んで行く」音楽を構想した[1]。海を表すモチーフ(Es(=S) - E - A)が重要な役割を果たしており、このモチーフは翌年の『ア・ウェイ・ア・ローン』、『海へII』にも用いられている。

初演は同年の5月24日に行われた民音現代作曲家音楽祭において、アイダ・カヴァフィアンのヴァイオリン、尾高忠明指揮東京都交響楽団の演奏で行われた。

娘の武満眞樹に献呈。

演奏時間編集

約15分。

楽器編成編集

独奏ヴァイオリン、フルート3(一番はピッコロ持ち替え)、オーボエ3(3番はイングリュッシュホルン持ち替え)、クラリネット4(3番は小クラリネット、4番はバスクラリネット持ち替え)、2バスーンコントラバスーンホルン4、トランペット3、トロンボーン2、チューバハープ2、チェレスタティンパニ(4個、一人)、打楽器4人(チューブラー・ベルグロッケンシュピールヴィブラフォーン懸垂シンバル3、アンティークシンバル2、ゴング中)、トムトム3、弦5部(16,14,12,10,8)

ショット社のスコアによる。

構成編集

曲は海(sea)を表す上行形のモチーフによる音名、Es-E-A(変ホ-ホ-イ)が用いられている。ある低回を経てから、基音をハ(C)にもつ主流へと進んで行く。

関連項目編集

  • 辻井喬 - 武満の友人で、彼の死去後の2001年に詩集『呼び声の彼方』(思潮社)を謹呈した。

脚注編集

  1. ^ 楢崎洋子『武満徹』音楽之友社、2005年、129頁