画像提供依頼:祭の様子の画像提供をお願いします。2016年5月

遠州大念仏(えんしゅうだいねんぶつ)は、主に静岡県浜松市や近隣の市町で行われている盂蘭盆習俗であり、浜松市の無形民俗文化財に指定されている(1972年3月1日旧浜松市指定、1995年1月1日浜北市指定)。

概要編集

毎年7月のお盆の夜に初盆の家を回って太鼓鉦(双盤)などにあわせて念仏踊りを披露する。代表的なイベントとして、鹿谷町(浜松市中区)の犀ヶ崖公園(旧アソカ布橋幼稚園)で、毎年7月半ばに大念仏が開催されている。

かつてはこの際に披露される念仏踊りを「とったか」と呼んだ。

この大念仏は、三方ヶ原の戦いおよび犀ヶ崖の戦いで犠牲となった人を弔うために始まった[1]。この戦いで命を落とした武田勢兵士の鎮魂のために迎え入られた宗円僧侶の下、行われる行事になった。

その他編集

犀ヶ崖の戦いでは、逃げる徳川家康の居城まで追ってきた武田勢を迎撃する為、犀ヶ崖に布の橋を架けて攻撃を食い止めたという伝承がある。この伝承が同地域の地名、布橋の語源となった。

脚注編集

[ヘルプ]

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集