遠藤 勝信(えんどう まさのぶ、1963年 - )は、東京女子大学現代教養学部教授(聖書学、思想・倫理学担当。2016年〜)。日本聖書学者。哲学博士(Ph.D. University of St. Andrews, UK.)。茨城県古河市生まれ。日本新約学会会員。日本聖書学研究所所員。新約聖書学ヨハネによる福音書、ヨハネの黙示録の研究者。日本同盟基督教団牧師(1989年〜)。新日本聖書刊行会聖書翻訳担当理事(2010〜19年)。玉川聖学院理事・評議員(2019年〜)。東京神学大学・大学院非常勤講師(2013年〜)。立教大学・大学院兼任講師(2020年〜)。

大学卒業後、神学校(聖書宣教会聖書神学舎)で学ぶ。1995年から2000年まで欧米の大学院に5年間留学。英国では新約聖書学の研究家リチャード・ボウカム教授セント・アンドルーズ大学)のもとで学ぶ。2000年、セント・アンドルーズ大学より哲学博士号(Ph.D.)を取得し帰国。

父は古河教会元牧師遠藤増雄で、実兄は遠藤嘉信

主な著書編集

  • Creation and Christology: A Study on the Johannine Prologue in the Light of Early Jewish Creation Accounts (WUNT 149; Teubingen: Mohr Siebeck, 2002)
  • マタイの福音書(聖書同盟)
  • キリストの恵みに憩う―ヨハネの福音書のメッセージから(いのちのことば社:2006年)
  • 愛を終わりまで―最後の晩餐で語られたイエスのメッセージ(いのちのことば社:2008年)
  • 映像と解説でつづるイエス・キリストの生涯(太平洋放送協会:2010年)
  • この人を見よ―ヨハネの受難物語(いのちのことば社:2010年)
  • みことばを生きる―聖書的霊性の理解を求めて([いのちのことば社:2012年)
  • 試練の中にある友へ―ペテロによる愛の手紙(いのちのことば社:2014年)
  • 真理に堅く立って—ペテロの遺言 [シリーズ 新約聖書に聴く](いのちのことば社:2018年)

外部リンク編集