メインメニューを開く

一般財団法人太平洋放送協会(たいへいようほうそうきょうかい、英語:Pacific Broadcasting Association、略称:PBA)は、キリスト教番組を専門に扱う日本番組制作プロダクションである。東京都千代田区神田駿河台に事務所を持つ。

概要編集

番組は全国の主要テレビ局向けに毎週週末を中心に放送している『ライフ・ライン』、中波ラジオ局向けの『世の光』シリーズ(帯番組の『世の光』5分ヴァージョン、『さわやか世の光』10分ヴァージョン、その他週1回の番組『世の光いきいきタイム(フレッシュサンデー)』、『世の光ジェネレーションX』(東海ラジオのみで放送))を請け負っている。なお、かつてはグアム島にある宗教ラジオ放送の国際機関のひとつ「トランス・ワールド・ラジオ」の日本向け番組『太平洋の声』の製作を請け負っていた。 日本福音同盟に協力会員として加盟している。

製作番組編集

現在編集

過去編集

ラジオ番組

  • よきおとずれ(1954年-不明 全国2局ネット)
  • 光と喜びの時間(1954年-不明 神戸放送、現=ラジオ関西
  • 光の子(1954年10月-不明 全国29局ネット)
  • いこいの窓(1962年-1967年、ニッポン放送ラジオ関西
  • Back to the Bible(1965年、ラジオ関西)
  • ヤングライフクラブ(1971年-1973年、東海ラジオほか)
  • ノック・ノック・ヤング(1973年-1978年、東海ラジオほか)
  • ごいっしょしましょう(1976年11月-不明、視覚障害者向け番組、HLDA局)

テレビ番組

太平洋の声編集

太平洋の声はトランス・ワールド・ラジオのKTWRグアム島放送局から行われていた日本語放送番組で、以前はグアム島現地製作番組と日本製作の宗教関連番組を混成編成し、特に夜間は2時間以上に渡って放送していた時期もあった。

その後、バブル崩壊の影響もあってスポンサーが減少したのに伴い、放送時間が短縮されていった。そして、2007年3月24日の放送を最後に同放送は休止された。これは経済的な問題で継続が困難になった為である。なお、放送休止に伴い3月11日から24日の放送では閉局特番が企画された。

参考文献編集

  • PBA創立50周年記念誌「福音を恥としない」(2001年11月1日発行、太平洋放送協会)
  • 「キリスト新聞」「基督教年鑑→キリスト教年鑑」(キリスト新聞社

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 「キリスト新聞」1965年12月25日付 12面参照。

外部リンク編集