遼陽府(りょうようふ)は、中国にかつて存在した遼代から初にかけて、現在の遼寧省遼陽市一帯に設置された。

概要編集

919年神冊4年)、契丹により遼陽故城に東平郡が立てられ、防禦州とされた。928年天顕3年)、東丹国が天福城から遼陽城に移され、東平郡は南京に昇格した。938年(天顕13年)、南京は東京と改められ、遼陽府が置かれた。東京遼陽府東京道に属し、遼陽・仙郷・鶴野・析木・紫蒙・興遼・粛慎・帰仁・順化の9県を管轄した[1]

のとき、東京遼陽府は東京路に属し、遼陽・鶴野・宜豊・石城の4県と長宜鎮を管轄した[2]

1288年至元25年)、により東京遼陽府は遼陽路と改称された。遼陽路は遼陽等処行中書省に属し、遼陽県と蓋州・懿州の1県2州を管轄した[3]

1373年洪武6年)ににより遼陽府が再び置かれたが、1377年(洪武10年)に遼陽府は廃止された。その地は遼東都指揮使司の管轄下に置かれた[4]

1653年順治10年)、清により遼陽府が置かれた。1657年(順治14年)、遼陽府は盛京城に移転されて、奉天府と改称された[5]

脚注編集

  1. ^ 遼史』地理志二
  2. ^ 金史』地理志上
  3. ^ 元史』地理志二
  4. ^ 明史』地理志二
  5. ^ 清史稿』地理志二