メインメニューを開く

邪馬壹国説(やまいちこくせつ)とは日本思想史学者の古田武彦が主張した邪馬台国に関する説である。論文「邪馬壹国」(『史学雑誌』に掲載)、著書『「邪馬台国」はなかった』、その他『市民の古代』、『なかった』等で主張された。

概要編集

魏志』(魏志倭人伝)の原本はどれも例外なく邪馬壹国(邪馬壱国)か邪馬一国となっている。これを邪馬台国(邪馬臺国)とするのは根拠に乏しい。

『邪馬台国』はなかった」では、論拠として以下のことが挙げられている。

  • 三国志全巻の「䑓」「壹」の用例を全て調べ上げたが、取り違えて「壹」と誤記していると思われるところはなかった
  • 三国志全巻で「䑓」は魏朝の王宮またはそれに準ずる王宮にしか使われない「至高の文字」だった。「邪」「馬」「卑」などの卑字をあてられる蛮族の国名に、至高の文字を割り当てることは、三国志筆者の思想からして有りえない。
  • 現存する三国志の基となった注釈版では、五世紀時点には残っていた他の版と厳密に比較して慎重に意見を付しても原文改訂を行わないのが執筆者の方針だったが、「邪馬壹国」表記に何も注釈を残していない。このことから、当時のすべての版で「壹」と書かれていたと思われる。
  • 三国志成立の三世紀から、現存する版が書かれた五世紀まで、金石文で「䑓」と「壹」の字形が似ていたかどうかを調べたが、誤記するほど似ていたとは言えない。

後漢書』などには邪馬台国とあるものの、『梁書』の例もある通り「魏志倭人伝」以外の全てが邪馬台国というわけではなく、邪馬台国が正しいとする根拠にはならない。

邪馬台国は邪馬壹国よりも狭義の意味での国家と考えられる。(後漢書を見る限り、邪馬台国は倭王のいるところを指す地名のようなものと思われる)邪馬壹国は九州にある国である。

なお、古田武彦は、三国志などの使用例を鑑みれば、「邪」(神秘的な)、「馬」(家畜のようになついている)、「壹」(二心なく天子に敬意を尽くす)のような好感を持ったニュアンスを含めて漢字を割り当てたと理解できるとしている。

比定編集

邪馬壱国がどこに存在したのかについては、古田武彦は博多湾岸説を提唱しているが、新潟説・四国説も存在する。

博多湾岸説編集

博多湾岸説の概要は次のとおりである。

  • 魏志倭人伝の内容については、原文改訂を一切行わず、且つ、矛盾のないように解釈すべきである。
  • 帯方郡から邪馬壱国への行程記事で「里程」と「日程」が混合されているのは矛盾している。総距離が「一万二千里」とある以上、部分距離も里程で記すことが出来るはずだからである。従って、投馬国への「水行二十日」と邪馬壱国への「水行十日・陸行一月」を「帯方郡→邪馬壱国」への行程の一部分と解釈してきた通説は誤りである。
  • 奴国と投馬国への道のりには「先行動詞」が存在せず、「帯方郡→邪馬壱国」への行程の一部分ではない。「傍線行程」である。
  • 「主線行程」を見ると邪馬壱国は不弥国の南に位置することになる。
  • 邪馬壱国への「水行十日・陸行一月」は帯方郡からの日程である。
  • 上記の解釈に立った場合、対海国と一大国を「半周」したと解釈すると、魏志倭人伝における部分里程と総里程が一致し、矛盾なく解釈できる。

これをまとめると、次のようになる。

A)区間里程

  1. 七千余里  帯方郡治→狗邪韓国
  2. 千余里   狗邪韓国→対海国
  3. 方四百余里 対海国の面積
  4. 千余里   対海国→一大国
  5. 方三百里  一大国の面積
  6. 千余里   一大国→末盧国
  7. 五百余里  末盧国→伊都国
  8. 百里    伊都国→奴国(傍線行程)
  9. 百里    伊都国→不弥国

B)総里程

  • 一万二千余里 帯方郡治→女王国

C)日程

  • 水行二十日 不弥国→投馬国(傍線行程)
  • 水行十日・陸行一月 帯方郡治→女王の都する所

関連項目編集