邯鄲 商(かんたん しょう、生年不詳 - 206年[1]または209年[2][注釈 1])は、中国後漢末期の政治家兗州陳留郡の出身。

邯鄲商
後漢
雍州刺史
出生 生年不詳
兗州陳留郡
死去 建安11年(206年7月
または
建安14年(209年
拼音 Hándān Shāng
テンプレートを表示

略歴編集

建安の初めのころに、郡の功曹であった張猛は、黄河西岸に位置する涼州の四つのが川を挟んで賊に遮られていたため、上表して別に州を設置することを求めていた。

これを受けて朝廷は、邯鄲商を雍州刺史に任命して別に四郡を治めさせた[3][注釈 2]。同時期に武威太守の地位が欠員だったため、張猛が武威太守に任命され、邯鄲商と共に任地へ赴いた。

張猛と邯鄲商は年齢が同じだったので、日頃からふざけあって馬鹿にしていたが、2人が官職に付くと、ますます互いに責め合うようになった。そのため邯鄲商は張猛を誅殺しようと企んだ。

209年、これを察知した張猛がついに謀叛し、邯鄲商を攻撃した。邯鄲商の治舎は張猛の治舎のすぐ近くにあったが、兵が攻めてくると聞いた邯鄲商は屋根に登って逃げた。邯鄲商は張猛へ「叔威(張猛)よ、お前は私を殺す気か?しかし、私が死んでもなお知略を持っていれば、お前の一族もまた同じ目に遭わせる。だから和解しよう。まだできるだろう?」と言った。張猛は「来い」と言ったので、邯鄲商は屋根を渡って張猛の元へ向かった。張猛は邯鄲商を責め、身柄を督郵に引き渡して閉じ込めた。邯鄲商は脱走を図ったため、ついに殺害された[3]

翌年の210年には韓遂が張猛の反乱討伐に出陣し、張猛の官吏と民衆は韓遂を恐れ、寝返って張猛への攻撃に参加した。進退窮まった張猛は自らに火を放って死んだという[3]

邯鄲商が殺されたことを知った龐淯は、一日中で走り続け、邯鄲商の前までたどり着くと号泣したという[4]

なお、『後漢書』「孝献帝紀」や、『三国志』魏書「龐淯伝」では、張猛が反逆し、邯鄲商を殺害したことが記されているのみである。詳細な記述は「龐淯伝」の注が引く、『典略』にある。

出典 編集

  1. ^ 後漢書』「孝献帝紀」
  2. ^ 三国志』魏書「龐淯伝」の注が引く、『典略
  3. ^ a b c 『三国志』魏書「龐淯伝」の注が引く、『典略』
  4. ^ 『三国志』魏書「龐淯伝」

注釈 編集

  1. ^ 邯鄲商が張猛の反乱により殺害された時期は、『後漢書』「孝献帝紀」では建安11年(206年7月としているが、『三国志』魏書「龐淯伝」の注が引く、『典略』では、建安14年(209年)とある。このため、時期に差異がある。
  2. ^ 『典略』ではこの時期を建安の初めとしているが、『後漢書』「孝献帝紀」では、雍州設置の時期を興平元年(194年)としており、明確な時期ははっきりしない。

参考文献編集

  • 三国志』魏書「龐淯伝」
  • 『三国志』魏書「龐淯伝」の注が引く、『典略』
  • 後漢書』「孝献帝紀」