メインメニューを開く

郭 芝苑(かく しえん、Kuo Chih-Yuen, 1921年 - 2013年4月12日)は、台湾作曲家

苗栗県苑裡鎮出身。1935年東京の錦成中学に入学した。音楽教師からハーモニカを学び、卒業の年には東京の中学生ハーモニカコンクールで一等賞を獲得した。1941年、東洋音楽学校(現在の東京音楽大学)に入学。ヴァイオリン専攻を希望したが、生まれつき左手の小指が内側に湾曲していたために断念し、ピアノの心得もなかったので、作曲音楽理論を学んだ。1943年、卒業。

1946年、台湾に戻った。1950年、台湾省音楽コンクールで作曲部門第一位を獲得。1966年、作曲を学びなおすために東京芸術大学に入学。1969年に卒業作品としてエドワード・エルガーの『威風堂々』を模した行進曲『大台北』を作曲した。1986年、青少年のためのオペラ『牛郎織女』を作曲し、パリで上演された。1994年に国家文芸奨を受章し、1999年に台湾文化栄誉博士の称号を得た。2001年には静宜大学から名誉博士号を贈られた。

北京語が不得手であったため、大学の教壇に立つことはなかったが、「私の作品が私の地位である」と誇らしげに語っている。

2013年4月12日、大腸がんのため死去。92歳没。

作品編集

劇場音楽編集

管弦楽曲編集

  • 台湾土風の主題による交響変奏曲
  • ピアノとオーケストラのための狂想曲『原住民の幻想』
  • 台湾旋律二楽章
  • 民俗組曲『回憶』
  • 大進行曲『大台北』
  • ピアノと弦楽オーケストラのためのコンチェルティーノ
  • 三首台湾民間音楽
  • 民歌と採茶舞
  • 交響曲『唐山過台湾』
  • 台湾吉慶序曲
  • 台湾頌

室内楽曲編集

  • クラリネットとピアノのためのソナチネ
  • トランペットとピアノのための三楽章

歌曲編集

  • 涼州詞
  • 紅薔薇
  • 楓橋夜泊
  • 前進!台湾人