メインメニューを開く

鄭 求昊(チョン・グホ)は、韓国ファッションデザイナー演出家FILAコリア副社長。

経歴編集

1997年に自らの名を冠したレディースファッションブランド「KUHO」(クホ)を立ち上げた[1]。このブランドは2003年に第一毛織(現在のサムスン物産)に買収され、年間売上1000億ウォンを超える大型ブランドへと成長した[2]

2004年ペ・ヨンジュン主演の映画『スキャンダル』で美術を担当。

2006年、ペ・ヨンジュンプロデュースのレストラン「高矢禮」のアートディレクションを担当。

2013年には国立舞踊団の演目『壇』の舞台・衣装・音楽などを担当した[3]2015年からの演目『饗宴』でも演出を担当した[4]

2018年平昌オリンピックの開・閉会式の演出を担当する予定だったが、2016年8月30日に突然辞任を表明した。理由として総監督のソン・スンファンとの不和に言及している[5]

脚注編集